現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第160回 まもなく14年

第160回 まもなく14年

2013年8月15日

遅々たる成績上昇

1999年8月24日に設定された「さわかみファンド」は、まもなく14年になろうとしている。この14年間を振り返るに、前半は予想をやや上回るスピードで運用成績が伸びていってくれた。

2001年から2004年にかけて、金融機関の不良債権処理が強力に進められ、株価全般は1982年の水準にまで売られた。そこは長期投資家の出番と、「さわかみファンド」は猛烈と買いまくった。日本経済にとって大事と思える企業の株が不当なほどに売り叩かれていたから、ありったけの資金を投入して応援買いをしたわけだ。

不良債権処理が一段落し、日本経済の見通しに明るさが出てくるにつれて、株価全般も急速な戻りに転じた。「さわかみファンド」の基準価額はスルスルと上昇し、2007年7月には20,000円を超えた。設定来8年弱で、複利年率9.4%の成績にまで届いたのだから、ごきげんだった。また、急上昇過程で利益確定も進んだ。

そこからの後半が、いけない。2007年8月のサブプライムローン問題発生、2008年9月のリーマンショックで、世界の金融バブルが破裂し株価全般は再び1982年の水準にまで売り叩かれた。

現金をたっぷり保有していた「さわかみファンド」は、条件反射のように暴落相場を買い向った。また、ファンド仲間の皆様からの資金流入も相次いだから、ごきげんの安値買いを続けた。

しかし、こちらの買いを上回る勢いで株価の下げが続いた。とりわけ、ドル安ユーロ安で日本を代表する企業の株価が、これでもかこれでもかと売られた。「さわかみファンド」にとっては、買えども買えども売り崩されたわけで、基準価額は8,600円台にまで落ちていった。ファンド仲間の皆様には申し訳ない限りの体たらくを曝け出してしまった。

これは悔しかった。いくら暴落相場を企業の応援買いをするといっても、基準価額はせめて15,000円台ぐらいまでの下げに止めたかった。そして、「これぞ本格派の長期投資だ」というところを、お見せしたかった。ところが現実は、「なんだ、さわかみファンドも相場と同じじゃないか」という低評価に甘んじることになった。

それでも、この半年間でようやく戻り歩調に入ってきた。といっても、設定来の成績は複利年率で3%ちょっとと、まったくをもってダラシない限りだが。

そろそろ本領発揮だ

来年の15周年を迎えるまでには、運用成績においても相当に名誉挽回が進むだろう。強がりではない。

昨年11月半ばまでの5年3カ月間の買い仕込みは、それこそ半端ではない。それも、これから世界経済の成長に大きく貢献していくであろう企業の株を、しっかりと買ってきた。ずっとレポートに書いてきたように、しばらくは成績低迷に眼をつむってでも応援買いするのが、長期投資家の真骨頂だといいながら。

断固たる応援買いが、そろそろ実りをもたらしはじめても良い。なにしろ、たっぷり買い仕込んできた企業の業績が急回復の途についている。これまで吹き荒れたいろいろな逆風が、オセロゲームのようにひとつひとつ好転しはじめているので、これからが楽しみである。

ファンド仲間の皆様はもちろん、一般生活者の間でも、金融不安だろうが100年に一度の危機だろうが、まったくブレずに企業を応援していく「さわかみファンド」の骨太な長期投資への信頼感は一気に高まろう。そこへ、成績が積み上がってくるのだから、安心感もグーンと広がるはず。

企業の間でも、従来の機関投資家に比べ、どれほど生活者投資家が重要か認識を高めよう。なにしろ、株価が大きく売られている時に、応援株主になろうといって株をどんどん買ってくれるのだから。

一方、機関投資の多くは目先の運用成績しか眼中にない。それが故に、景気や業績動向が思わしくないとみるや、保有株をどんどん売ってくる。状況が悪い時ほど企業を熱く応援しようなんて考えは、さらさらない。

この違いを、この5年間、まざまざと見せつけたのが「さわかみファンド」である。生活者投資家の代表として、「さわかみファンド」は企業をトコトン応援してきた。

景況やビジネス環境の好転とともに、ここまで頑張ってきた企業の業績はみるみる改善する。それにつれて株価も大きく上伸する。企業と生活者投資家は手を取り合って、逆境を切り抜けたことを喜べるはず。

(2013年7 月19日記)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに