現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第157回 アベノミクス vs. 民間主体の景気回復

第157回 アベノミクス vs. 民間主体の景気回復

2013年5月16日

ここは悪乗りしてでも、景気を良くしてしまおう

日本経済に明るさが感じられるようになってきた。昔から「景気は気のもの」といわれるように、なんとなくでも先行きが明るく思えるようになってくると、人々はどんどん前向きになっていく。

デフレを克服し景気を回復させるには「なんでもあり」のアベノミクスや、黒田日銀総裁による異次元の金融緩和政策は、いまのところ国中の期待感に支持されて好回転している。願わくば、国民の皆がアベノミクスに悪乗りしてでも、この好回転をどんどん高めていきたいものだ。

とにかく景気を本格回復させ、成長力を高めてしまうが勝ちである。将来いろいろな問題が噴き出してきても、のりしろを大きくした分だけ、日本経済全体の抵抗力となるのだから。

いろいろな問題とは? 補助金中心にジャブジャブの予算バラ撒きは、政治家の利権確保と官営ビジネスの肥大化につながりやすい。税金で食っているだけのゾンビ企業や政府系団体をいくら支援したところで、日本経済は活性化しない。むろん、税収の増加にもつながらない。

忘れてならないのは、国は1992年9月から2011年末まで年平均して19兆6,000億円の景気対策予算を投入してきた。その効果とやらは、さっぱりだった。

19兆6,000億円もの予算を前向きに投入していれば、日本経済は4%以上の成長を遂げたはず。19年間にわたって4%ちょっとの成長を続けていたら、デフレどころか経済規模は2.1倍になっていたのに。

毎度毎度、政治家は日本経済の活性化とか成長戦略とかのきれい事を並べるが、なんの成果も残せていない。せっかくの巨額予算がゾンビ企業の救済など後向きにつかわれ、いずれも死に金となったからだ。

黒田日銀総裁による国債の大量買い入れも、2%の物価上昇が達成されれば、長期国債の利回りが現行の0.6%で収まっているはずがない。市場で国債売りがはじまるのは、火を見るよりも明らかである。そうなると、国債を大量に買い込んでいる日銀の財務は急悪化する。当然のことながら、通貨の価値は下がる。

そう、物価は2%を超えて上昇するだろうが、国債価格の急落や長期金利の上昇は免れまい。それ以上に、お金の価値が下がって物の値段が上がる、つまりマネタリーインフレの火が燃え広がるだろう。

相当に悲観的? いや、国や日銀にまかせておけないと言いたいだけのこと。だから、国民みなでアベノミクスに悪乗りしてでも、民間主体の景気回復を急ぎたいのだ。

いまは日本中が、アベノミクスを魔法の杖であるかのような期待感であふれている。されど、いつ「大したことないじゃないか」の失望感に変わるかもしれないのだから。

健全な景気回復を目指そう

もしだよ、「さわかみファンド」が世の中でもっと広く知られ、多くの人々から安心感と厚い信頼をいただいているとしよう。ずっと主張してきている「企業の株を応援買いして、民間版の景気対策をやってしまおう」に、賛同した資金が、どんどん集まるはず。

昨年までだったら最高だが、現在でも構わない。5兆円10兆円20兆円とファンド仲間の資金が流入してくれば、どんなにスゴイことになるか。

そのぐらい、巨額資金を日本経済の現場へ放り込んでやれば、経済活動はいくらでも活発化する。国の予算投入は一切なしでも景気は回復できるし、税収の大幅増加も後からついてくる。このどちらもが、国の財政健全化に大きく貢献する。つまり、国の借金は減っていくわけだ。

それだけでは終らない。われわれ長期投資家は、自助の精神で付加価値を高め続けている企業を厳選して応援するから、質の高い経済活力を生み出せる。その横で、税金で食っているゾンビ企業などは影を薄めていく。

どうだろう、なにひとつ悪い話はないではないか。もちろん、われわれ長期投資家が応援する企業の業績は景気回復とともに高まっていく。それにつれて、株価も上昇するだろうから、「さわかみファンド」に投入していただいた5兆円とか10兆円20兆円は、大きな実りをお届けできる。

もう、おわかりだろう。別に「さわかみファンド」でなくても構わないが、長期投資マネーが日本経済の発展拡大に貢献する方が、比較にならないほど健全なのだ。

いまだったら、アベノミクスで日本全体が前向きに動きはじめたところだ。時は良しである。

(2013年4月22日記)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


個人確定拠出年金iDeCo

お知らせ
現在、システムメンテナンスのため、総合口座へのログインを停止しています。
サービス再開予定
2019/5/26(日) 10:00
※最大15:00になる場合があります
楽天FXについて
楽天FXのメンテナンス等についてはこちら
メンテナンススケジュール

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]