現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第136回 富を築くということ

第136回 富を築くということ

2011年6月16日

長期投資家が心すべきは

一般的に投資というと、お金をいかに殖やすかで汲々としている人々の姿が浮かんでくる。デイトレーダーも短期投資家も、年金など機関投資家も、しょせんは投下資金を上回る収益をどうやってあげるかに腐心しているだけのこと。株式市場のみならずマーケットは、そういった投資家が集り寄るところである。

マーケットに参加して投資収益を上げようと躍起になるのは自由だが、それがどれほど難しいことかは、どの投資家もあまり考えない。それぞれ自分だけ儲けよう儲けようと頑張るが、なんのことはないマーケット参加者の間で利益の奪い合いをしているだけのこと。みながゼロサムゲームに身をやつしてるともいえよう。

全体のパイは大きくならない中で、自分の儲けだけを追求すると必ず誰かの損となる。常に誰かが損するとなると、いつ明日は我が身か知れたものではない。それが、ゼロサムゲームの掟である。

取るか取られるかを延々と繰り返していて、「投資は難しい。なかなか思うようには儲けられない」と嘆いたところで仕方あるまい。「自分は損しても構わないので、どうぞたっぷり儲けてください」なんてお人好しは、そもそもマーケットに参加してくるはずもないのだから。

われわれ長期投資家は考え方が違う。経済の現場へお金をまわしてやって、とにもかくにも経済活動を活発化させる役割を果そうとする。経済活動が活発化すれば、雇用機会も人々の収入も増える。それは個人消費を高め、企業の拡大投資を積極化させる好循環につながっていく。つまり、経済のパイを大きくさせるわけだ。

経済のパイが大きくなれば、その分け前も大きくなる。長期投資家が投入した資金も大きく育って戻ってくる。それが長期投資のリターンである。

いってみれば、長期投資はゼロサムゲームなどではなく、いつでもプラスサムの世界にあるのだ。経済におけるプラスサムとは、富を創出し豊かさを築いていくことに他ならない。みなが豊かになれるよう、資金を投入しようとするのが長期投資である。

富は失われた

東日本大震災による被災地はもちろん、全国各地の工場設備も甚大な被害を蒙った。また、部品や素材の調達が滞って、海外顧客を失いかねない企業もある。これらのすべてが富の喪失である。お亡くなりになった方々の尊い命と合わせ、おそろしいほど多くの富が奪われてしまった。

失った富は再構築しなければならない。否、以前にもまして多くの富を創り出していくことが求められる。そこで、われわれ長期投資家が果たすべき役割は限りなく大きいと認識しよう。

いつの世でも富を創り出していくのは企業であるが、長期投資家には経済の現場へお金をまわしてやるのと同時に、そういった企業を熱く応援していく役割もある。

いま、東北地方でも全国の生産現場でも、あの被災からの立て直しに数多くの企業が必死で頑張っている。それなのに、株式市場では採算度外視で現地支援を急いだ企業に対しても、業績が下揺れするとかで売ることしか考えない。

もちろん、マーケットだから売ろうとなにしようと投資家の自由。自分の投資計算に汲々としている投資家にとっては、応援の買いを考えようなんて野暮な話もいいところ。

ここで出動すべきは長期投資家である。災害復興は失われた富の再構築であり、生産体制の立て直しは新たなる富の創出につながる。そこで頑張っている企業を応援するのは、富を築いていくお手伝いでもある。

まして、いまは震災で成長率が落ち込むとか業績の悪化を嫌ったりとかで、売りが集中している。そこへ長期投資家の熱い応援買いが入ってくれば、必死で頑張っている企業にとってどれだけ心強いことか。

忘れてならないのは、長期投資家がどんどん買っていく分だけは、売りが確実に吸収されていくことだ。投資環境がどれだけ悪かろうが、売りものが永久に続くことはない。どこかで売りが途切れたら、株価は上昇に転じる。

景気見通しが悪く株価全般が売られている中で、一部の企業の株価がいち早く上昇に転じると、世の注目が集まるだけではない。企業イメージが一気に高まるし、経営者にとっても強力な応援メッセージとなる。

(2011年5月25日記)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに