現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第125回 成熟経済としての立ち直りが見えはじめて

第125回 成熟経済としての立ち直りが見えはじめて

2010年11月1日

ユデガエルになっていいのか

最近、「日本はもうダメじゃないか」といった一種あきらめ感に近い現状認識が国民の間でジワリジワリと浸み込んでいっているように思われる。このまま日本経済のジリ貧が続けば、いまよりずっと多くの人々が給料などの収入減少や雇用不安に直面するのは間違いない。それが、低成長とデフレ経済の怖さである。

そんな中、平均的日本人の多くが日本経済の地盤沈下をまるで他人事のように語るものの、自分は安全圏にいると信じている。もう引退したし年金があるから大丈夫? デフレのおかげで預貯金の価値が高まっており、いまある貯蓄残高で十分やっていけそう? 公務員だから職を失う心配はない? 日本は大変だというが自分には関係ない? まあ、そういった幸せな人達は好きにすればいい。

しかし、日本のみならず世界中でデフレが嫌だという世論が大多数を占めるからこそ、先進国中心に未曾有のお金バラ撒きと国債大量発行が続いている。なにがなんでも景気を浮上させるのだというリフレ政策を続けていれば、いずれデフレは克服されるだろう。むしろ、国債バブルの崩壊やインフレの嵐が吹き荒れる事態も十分にあり得る。

そうなってくると、預貯金の購買力は目減りするし、国債中心に運用している年金資産にもすくなからぬ打撃となる。いくら公務員の職が安定的とはいえ、国も地方自治体も財政に余裕はなく、インフレになっても給料はそうそう上げられない。さてさて、どこまで自分は大丈夫といっておれるだろうか。

ともあれ、日本経済の現状そして将来に対して漠たる不安ぐらいしか感じていない人が多いのはたしか。「このままでは、ユデガエルになりかねない」と口々ではいうものの、だからといって何の行動もしようとしない。まるで他人事にしかとらえていない。

一方、「このままではマズイ。なんとかしなければ」の切実感も静かに広がってきている。こちらは自分自身の問題として自助意識を高めてきており、おもしろい展開が期待できる。

自助は経済の原点

これは戦後復興時に限らないが、人は経済的苦境に陥ると「なんとか食っていこう」と必死に頑張るもの。生きていくため、子どもたちを飢えさせないためにも馬車馬のように働く。それが経済の原点である。

ところが、長いこと右肩上がり成長を続けてきた日本経済にあっては、「なんとでも食っていける」という余裕意識が国民の間で定着してしまった。それが上にも書いた「このままでも、なんとかなる」感の蔓延であり、このままいくと本当にユデガエルとなってしまう。

どこの国でも人々が働かなくなって栄えた例はない。日本でも、ようやくここへきて「このままではマズイ。なんとかしなければ」意識が広がりはじめたのは、良い流れのはじまりととらえたいものだ。ズルズルと生活の足場が崩れていくのを、なんとしても阻止しようとするのは生存本能そのものである。

日本のような成熟経済において、人々が経済的な地盤沈下をなんとかしようと自助の努力を重ねだすと、多様な経済発展につながっていく。かつての「とにかく豊かな生活を実現したい」という国民のエネルギーが爆発した頃は、物質的な豊かさ追求の一点張りだった。それが、もう豊かな生活を実現してしまった成熟経済で食っていくための自助努力が集中しはじめると、これまでとは違った展開となる。

好例が米国経済で、80%の人々がサービス産業に従事しているといわれる。そのサービス産業たるや実に千差万別で、次から次へと新たなベンチャーが飛び出している。そこでは新しい産業がどんどん生まれるし、雇用も創出される。まさに成熟経済のダイナミズムである。

そこへ、民間に資本の蓄積が進んだ成熟経済ならではの「自分も働くが、自分のお金にも働いてもらう」ことで、成長率はさらに高まるという考え方が加わってくる。とりわけ日本では、人口が減っていくこともあり、お金にもっともっと働いてもらう必要がある。

われわれの提唱する長期投資が一般化してくるにつれ、そこからどんな産業が生まれるか楽しみである。

(2010年10月12日記)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに