現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第83回 疾風に勁草を知る

第83回 疾風に勁草を知る

2008年10月8日

金融の大嵐いつまで続くのだろう

世界の株価全般がひどい下げを続けている。米国や欧州各国の金融機関が政府の救援を仰いだり、より経営基盤の強い金融機関への吸収合併に次々と追い込まれているのをみては、金融恐慌や世界不況の到来といった不安心理は高まる一途となっている。

金融ビジネスは事がうまく運んでいる間は、次から次へと信用創造を重ねては、新しい契約をどんどん積み上げていくことができる。そのまま暴走したのが、金融万能の時代である。ところが、どこかで歯車が狂って一部に穴が空くと、たちまち全体がガタガタになってしまう。

なにしろ、契約そのものは厳然と残っているし、きちんと履行しなければならない。そうはいうものの、担保価値をはるかに上回った価格水準で取引がなされた契約が、突如としてハシゴを外された状態となったのだ。現物の時価評価がどんどん下がっているから、それらの上に信用創造で積み上げてきた無数の契約は根なし草のようになってしまった。大混乱となるのは必至である。

ちなみに、IMF(国際通貨基金)が10月7日に発表した報告によれば、米国や欧州の銀行中心に世界の金融機関が蒙る損失は今後数年間で少なくとも143兆円ほどになるという。4月の前回推計からは約1.5倍に膨んでいる。時間の経過とともに損失額が膨れ上がっていく、底なし沼の様相を呈してきた。

ここから先、どうなっていくのだろう? ちょっと楽観的かもしれないが、米国や欧州の政府や金融機関の対応が「ものすごく早い」点に注目したい。次から次へと損失額が表面化してくるのも、「問題のウミをとにかく出し切って、新たな出発を期そう」という強い意志と覚悟が感じられる。

自助意識の強い欧米では、「一刻も早くマネー暴走の後始末をつけてしまおう、そして次のラウンドへの準備に入ろう」と考える人が多い。早く立ち上がった個人や企業ほど有利なのは自明の理だから。

いつの時代でも、大きな混乱からの立ち直り期ほど適者生存が試され、強いところと弱いところとで決定的な差がつく。まさに、疾風に勁草を知るである。

人々の生活は永久に続くし、そこに長期投資がある

昔から、上昇相場は恐怖と不安心理が渦巻く暴落相場の中に生まれるといわれる。ひとつの真理である。暴落といっても株価がヤタラメチャに売られているだけで、企業が潰れて消えていくわけではない。株価の棒下げをみて、企業そのものが消えてなくなるような不安に陥るだけのこと。

この先まっ暗と思われる時ほど、沈着冷静に世の中を観察してみよう。多くの人々はいつもと変らない毎日を送っているし、その生活を無数の企業活動が支えてくれている。株価全般は暴落しているかもしれないが、毎日の生活ベース経済は昨日も今日もまた明日も同じように織り成されていく。

長期投資家は毎日の生活ベース経済を支えてくれている企業群を、暴落相場の時ほど熱く応援しようとする。毎日の生活に欠かせない企業の株価が売られて安いのを、見て見ぬふりはできない。

幸いなことに、東証1部上場銘柄の予想配当利回りは7日の下げで、2.39%と33年ぶりの高水準になった。(日経2008年10月8日)長期金利を0.95%も上回るほどまでに、株価全般はとんでもなく売り叩かれてしまっているのだ。10年もの国債を買うよりはるかに高い利回りが期待できて、なおかつ企業の長期的な利益成長にも参加できるのだ。最高の投資タイミングと捉えることもできる。

どんな銘柄を選別する? 毎日の生活に欠かせないモノやサービスを供給してくれている企業群であれば、金融不安だろうが景気が後退しようが関係なしにお金を支払っているじゃない。われわれの生活が企業の売上につながっていき、長い目では利益成長に貢献する。そういった企業群だけを選び出して、現在のような超バーゲンセールで買っておけばいい。

それでも、金融の問題が当分は続き株価全般の足を引っ張るかも? だから、長期投資家は平均株価とかは無視して、いつでもどんな時でも個別株投資に徹するのだ。  (2008年10月8日記)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに