現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第280回 ドル/円は1982年からの月足長期抵抗線をブレイク、一方で日足は調整相場を継続中

第280回 ドル/円は1982年からの月足長期抵抗線をブレイク、一方で日足は調整相場を継続中

2013年1月31日

1月4週以降の円相場は「26日標準偏差ボラティリティ」と「14日ADX」が下落している通貨ペアが多く、ランダム(無秩序)な動きとなっている。標準偏差ボラティリティがピークアウト(天井をつけ下落)すると、トレンド期とはやや逆方向にバイアスがかかった「レンジ内での乱高下相場」となりやすい。

豪ドル・カナダ・ポンド・南アランド・ニュージーランドドルの対円相場は、概ねこの通りの動きである。ドル/円は「ラッパ型」の変則的な調整乱高下相場となっている。ユーロ/円のみ「ユーロ買い」トレンド相場となっているが、トレンド指標の波形はやや曖昧(あいまい)だ。いずれにせよ、14日ADXや26日標準偏差ボラティリティが下落中の相場は、ランダム・ウォークである。

先週のレポートで、「この先は日々の材料をこなしながら、日柄調整の相場となるだろう。これまでの円は売りっぱなしでよいという相場から、ドタバタやるトレーディングベースの相場に移行したという認識である」と述べたが、日足ベースの相場は「次のトレンド」が発生するまで、売買錯綜するトレーディングベースの相場が続くだろう。

ドル/円(日足) やや変則的な調整相場だが、トレンド指標が上昇するまでは不安定な相場が続く

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

豪ドル/円(日足) 利下げ観測と2月5日RBA(据え置きだとおもわれるが…)が重石

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

カナダ/円(日足) 「利上げ」観測の後退から足踏み…

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

南アランド/円(日足) 格下げやアフリカ大陸の政治不安を受けて軟調

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ポンド/円(日足) ポンド/ドルの売りトレンド相場の影響で軟調推移

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ニュージーランド/円(日足) 安定的なトレンド相場が続いてきたが失速気味

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ユーロ/円(日足) アンダーウエイトの反動相場か? ドラギ発言以降、ユーロへの資金回帰が続いている

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

上記のチャートを見ればわかるように、円相場は「調整相場」を継続している。この局面の円相場は「やや難易度が高い」ので、アクティブな投機筋はトレンドが発生している「ユーロ」や「ポンド」の方に軸足を移している。これが今の相場である。

「ユーロはさしたる買い材料もないのに、何故上がっているのですか?」という照会が多い。これは常識的な意見であろう。しかし、世の中には「買わざるを得ない」という人達が存在するのである。ユーロ資産をユーロ危機で売りすぎてしまった(アンダーウエイト)年金やファンドは、テール・リスクの後退でユーロ圏に資金を戻さなくてはならなくなっているのである。

「パッシブ運用」という「インデックスをベンチマークにしている」ファンドは、アンダーウエイトの修正を迫られている。ECBドラギ総裁の「年後半の景気回復発言」を契機にこの動きが加速している。今、世界中で起きている「債券売り・株買い」の動きも、株式をアンダーウエイトしすぎた(欧州危機で株を売って債券を買いすぎた)反動である。世界的なカネ余りもあって、債券バブルはまだ崩壊していない。しかし、米国では昨年までの「株式投信から資金が抜けて債券投信に資金が入る」という動きの「逆流」が、今年の1月から加速していると聞いている。この動きはまだ始まったばかりだ。

ユーロ/ドル(日足) アンダーウエイトの反動相場で予想以上の上昇に

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ユーロ/豪ドル(日足) 動きが速いので、通貨ファンドはこの通貨ペアが好き

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ポンド/ドル(日足) 1950年以来のトリプルディップ(景気の三番底)観測で売られる

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1シグマ(緑)


(出所:石原順)

ドル円(日足)の上昇はいったん小休止となっているが、今週の相場でドル/円(月足)は1982年からの3点を結んだ長期抵抗線を上抜いてきた。昨年1月に2007年からの長期抵抗線を上抜いた時と同じく、相場の底流では大きな円安転換が起きていると見てよいだろう。超円高バブルの崩壊である。一本調子の上げはないだろうが、月足ベースでみると95円が視野に入ってきた。

今月、為替ディーラーの集まりがあった。「往年の為替ディーラー」の多くが、「昨年(2012年9月)からのドル/円の上昇相場は1995年の相場と似ている」と語っている。筆者もそんな気がしているのだが…。

ドル/円(月足) 1982年からの長期抵抗線を上抜く!


(出所:石原順)

ドル/円(月足) 1982年からの長期抵抗線を上抜く(拡大チャート)


(出所:石原順)

ドル/円(日足)の相似律 2012年9月からの上昇相場と95年4月からの上昇相場の比較(95年は4/18、2012年は9/13が起点・横軸は起点日からの経過日数)


(出所:石原順)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽天証券サービス開始18周年記念投資セミナー

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]