現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第251回 運用難マネーが流入、為替やコモディティで局地バブルが発生

第251回 運用難マネーが流入、為替やコモディティで局地バブルが発生

2012年7月19日

欧州危機の影響が世界経済に影を落とし、世界経済総崩れの懸念と相場の不確実性が高まっている。このような環境で銀行や年金などの保守的なマネーは、米・日・独の国債市場に滞留し続けている。国債の金利が下がっているということは、銀行がカネを貸さないということの裏返しである。銀行がカネを貸さないので、世界景気が減速し不景気色が強まるのは当然である。これは「日本化(JAPANIZATION)」と呼ばれている。

日本10年国債金利(左)と米国10年国債金利(右)の日足

10年持ってこの金利? カネ余りと運用難の象徴


(出所:石原順)

不景気に対処するために、各国の中央銀行は一斉に金融緩和モードとなっている。問題は米国である。今週のバーナンキFRB議長の議会証言では、市場が期待するQE3は少なくとも9月13日のFOMCまでは温存されるという見方が強まった。バーナンキFRB議長米国株の位置がまだ高いので、秋口まで追加緩和は温存するつもりのようだ。

NYダウ(週足)と米国の金融緩和 QE3には株安が必要?


(出所:石原順)

米国がQE3に踏み切らないうちは、相場が上がってもミニ・バブルで終わるだろう。ただし、「米国株が下がればQE3は必ず行われる」という“バーナンキ・プット”を市場は確信しているので、米国株の下値はしっかりしている。米国株が下がっても、ドルが下がっても、ダメージを受けにくい体質となっている米国経済は懐が深い。

一方、さえないのは新興国である。下のチャートをみると、先進国の株価に較べて新興国の株価が弱い。安いウォンによって日本の家電産業を駆逐した韓国も、現在は債務デフレに見舞われており、IMFによる経済見通しも発表の度に悪化している。世界経済が不景気になると、「輸出主導」の底の浅い新興国経済は大きなダメージを受ける。7月はミニ・バブル相場と申し上げてきたが、それは先進国の話である。日本株もその範疇に入るが、日銀のデフレ政策による円高が株価の重石となっている。

独DAX指数(左)と米S&P500(右)の日足


(出所:石原順)

ブラジルボベスパ指数(左)と上海総合指数(右)の日足


(出所:石原順)

韓国KOSPI指数(左)と日経平均株価(右)の日足


(出所:石原順)

「投資先がない」「やるものがない」と、株の運用者の愚痴が増えているが、株の運用者は基本的に「10月に買って3月に売る」という季節労働者なので、5月から10月は暇なのである。

先物や通貨のファンドマネーはゲリラ戦ではあるが、それなりに動いている。「やるものがない」なかで、ファンド勢の格好のターゲットになったのが穀物市場である。米国の干ばつを理由(材料などなんでもよい)に、一攫千金を狙う投機マネーが集中している。景気悪化とQE3後ズレの影響を受けて保合となっているゴールドと較べると、穀物市場は異常といってよい上がり方だ。小さな市場にマネーが入りすぎると、このような「局地バブル」に発展する。

コーン先物(左)と大豆先物(右)の日足 火柱高相場


(出所:石原順)

小麦先物(左)とゴールド先物(右)の日足 ゴールドは三角保合


(出所:石原順)

為替市場で「局地バブル」となっているのが、ユーロ/豪ドルである。ブログやレポートで何度か取り上げているが、「ユーロ・キャリートレード」の象徴は、ユーロ/豪ドルという通貨ペアである。「ユーロ・キャリートレード」という言葉が跋扈しているように、ユーロは調達通貨となっている。現在、ほとんどのファンドが「ユーロを売って、何かを買う」という取引を行っている。

6月以降のユーロ/豪ドル相場は、21日ボリンジャーバンド-1シグマの外での推移がずっと続いており、まさに電車道相場となっている。「ユーロ売り・高金利通貨買い」という意味ではユーロ/ニュージーランドもトレンドが出ていたが、こちらは7月に入り標準偏差ボラティリティがピークアウトしており、相場が-1シグマの内側に入ればトレンドは消滅するだろう。ユーロ/豪ドルの売りを作るには、豪ドル/ドル(円)を買って、ユーロ/ドル(円)を売ればよい。ユーロ/豪ドルの買いはその逆である。

ユーロ/豪ドル(日足) ユーロ売り・豪ドル買いが続く -1シグマの外での電車道相場

上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

ユーロ/ニュージーランド(日足) 標準偏差ボラティリティのピークアウトで、そろそろトレンド相場も終わりか?

上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

ユーロ/ドルの方は先週後半から下値を攻め切れなくなっており、相場は21日ボリンジャーバンド-1シグマの内側に入ってしまった。最近のユーロ/ドル相場は、悪材料でユーロが売られてもLONDON FIXのNY市場序盤までで、米国株の値上がりによってNYクローズではユーロは買い戻されてしまう。相場の潮目が変わった可能性があり、突っ込み売りは危険と言えよう。

ユーロ/ドル(日足) 調整相場に移行か? それとも……

上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

「ミセスワタナベ」を象徴する通貨である豪ドル/円(日足)は、標準偏差ボラティリティとADXが共に低下傾向にあり、典型的な調整(レンジ)相場となっている。これは豪ドル/ドル(日足)も同様であるが、ボラティリティ・レベルの調整はいいところまで進んでおり、次のトレンドを待ちたい。

豪ドル/円(日足) 典型的な調整相場

上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

失われた4カ月相場となっているドル/円に少し動意が見られる。日銀の偽造小出し緩和を見限った一部の投機筋が、介入ゾーンを試す動きに出ているためと思われる。「付利金利の引き下げは考えてない」「遠からず物価1%を達する可能性が高い」という日銀総裁のコメントは、海外勢から見れば従来のデフレターゲットに戻った(もともと何も変わっていない)と聞こえるらしい。ドル/円は「介入警戒感」で円高のスピードはのろくなっているが、一目均衡表週足<雲>の下限くらいは試す可能性がある。

ドル/円(日足) 円高トレンドに発展するか?

上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

ドル/円(週足) <雲>の中の往来で、下限を試すか?

上段:26週ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13週移動平均線(赤)・21週移動平均線(青)・21週ボリンジャーバンド1σ(茶) 9週RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場


(出所:石原順)

今後、日銀が外債の購入を発表するくらいのサプライズがないと、円高デフレ脱却は難しいだろう。収入が減らない人達にとっては、円高やデフレは天国である。ただし、それは今だけの話である。下のNECやソニーのチャートを見て欲しい。国内投資がなくなり海外移転が進み、日本経済は没落の道を歩んでいる。政治家も役人も既得権者の保護しかしないが、その現状を長期に維持することは不可能なのではないだろうか?

NEC(左)とSONY(右)の月足 日本に工場はなくなる?


(出所:石原順)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]