現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第161回 需給だけの相場

第161回 需給だけの相場

2010年11月19日

来週11月25日(木曜日)の感謝祭からクリスマスまでは長期休暇シーズンとなる。この休暇シーズンを前に、一斉にポジションの手仕舞いが行われているのが現在の相場の本質で、焼き直しのアイルランド問題(スペインに波及してくれば別だが…)だとか、米雇用統計の結果が影響を持って相場が動いているというのは、基本的に後講釈の相場解説である。

ユーロや円はこれまで買われすぎたから売られているのであり、日経平均株価はこれまであまりにも買われてこなかったので上がっているのである。いずれにせよ、「ファンドの決算や長期休暇シーズン前という需給だけの相場」なので、相場の上げ下げに深い意味を求めても仕方がない。

本日はバーナンキFRB議長がECB会合(フランクフルト)で講演を行う。米国では共和党が量的緩和反対運動を展開しており、今後の追加量的緩和は多少やりにくくはなっているものの、米国株が下がればまた量的緩和第3弾に踏み出すことになるだろう。1990年バブル崩壊後の日本の失敗(金融を引き締め)や1929年大恐慌後の米ルーズベルト大統領の失敗を研究し尽しているバーナンキ議長が、量的緩和路線を放棄することはありえない。

バーナンキFRB議長やダドリーNY連銀総裁の発言を聞いていると、「バーナンキ・プット」と呼ばれるネズミ講的な中央銀行バブルは、休憩(ガス抜き的な下げ)を挟みながらも、なかなか終わらないのではないかという気がしている。利上げ観測で中国株が売られているが、中国もバブルを完全に殺してしまうような政策(予定調和的な金融引き締めや人民元上昇はあるが)はとらないだろう。90年代の日銀の失敗をよく研究しているからだ。

現在の「手仕舞い相場」のなかで、ドル/円や日経平均株価が堅調な推移となっている。ドル/円に関して言えば8~9カ月周期の底を付ける時間帯なので、11月1日安値の80円26銭で周期的な底が入った可能性がある。

ドル/円(月足)周期底のシーズンが到来しているが…


(出所:石原順)

ドル/円(月足)60カ月移動平均線乖離バンド-20%(赤)・-30%(青)


(出所:石原順)

ポンド/円(月足)60カ月移動平均線乖離バンド-20%(赤)・-30%(青)


(出所:石原順)

先週のレポートにも書いたように、月足を見ると買われすぎの円の反動安に期待したいところだ。おそらくドル/円の84円半ばから85円のゾーンはドル売りが出てくるだろうが、来週木曜日の感謝祭までにどこまでリバウンドするかに注目したい。ただし、現在の需給相場が終わる感謝祭の相場トレンドは不透明で、あまり大きなポジションを持つに値するような相場ではないだろう。

ドル/円(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:石原順)

日経平均株価は200日移動平均線を支持に堅調な動きとなっているが、この動きも投機筋の買い戻し(手仕舞い)相場である。目先のリンバウンドのターゲットは10,400円と噂されており、この水準では一旦利食いが出るだろう。

日経225先物(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:石原順)

需給相場というのは、やりにくいものだ。現在、ドルインデックスを見てもユーロ/ドルを見ても強力なトレンドが出ている訳ではなく、基本的に筆者は様子見である。

ドルインデックス先物(日足)


(出所:石原順)

ユーロ/ドル(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:石原順)

クロス/円相場はもっと難解で、調整相場が続いている。ここから円相場のレンジが円安方向に切り上がっていくかどうかは、NYダウと上海株の動向次第であろう。クロス/円の上昇には株の上昇が必要である。

ユーロ/円(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:石原順)

NYダウ先物(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:石原順)

上海総合指数(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:石原順)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


はじめよう!!10万円からのお任せ運用

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]