現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第139回 調整相場と逆張り

第139回 調整相場と逆張り

2010年6月18日

昨日6月17日に実施されたスペインの10年と30年国債入札は、市場関係者注目のリスクイベントであったが、この入札は無難に通過した。皆が危機に構えているときは、往々にして相場は逆に行く。ECBは5月末の時点で約350億ユーロの政府債を購入しているが、昨日もユーロ圏の各国中銀や政府系ファンドなどがスペイン国債を落札したようだ。ECBは現在も毎日約20億ユーロのギリシャ国債を買っており、投機筋も最近は腰が引けている。ユーロの下値では買い戻しの注文が厚くなってきており、今後は意外な戻りもあるかもしれない。

この連載やブログでたびたび取り上げてきたように、ユーロ売りのおいしいトレンド部分は、日足ベースでは5月で一旦終わっており、現在は典型的な調整相場だ。即ち、ユーロ安トレンドがピークを打ったあとの反動相場なので、ユーロが戻し気味の大きなレンジ相場になる。この局面は順張りがワークしにくい。下のチャートはユーロ/ドルの日足であるが、チャート上段の緑の部分がトレンド期間である。中段の矢印は過去2日間のレンジをブレイクしたときに点灯する売買シグナルである。下段は9日のRSIだ。

ユーロ/ドル(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:過去2日間のレンジブレイクのシグナル
下段:9日RSI


(出所:石原順)

この売買シグナルに盲目的に従ってもあまり意味がないが、緑のトレンド期間は比較的値幅が抜ける。では、現在のようなトレンドのない(順張りがワークしない)期間の売買手法はどうすべきか?ここで参考になるのは9日のRSIである。RSIが30以下にあり、30を上まわった時が(逆張りの)買いのシグナルである。昨年9月以降、このような局面は6回あった。しかし、今回の2010年6月のシグナルを除いて、筆者はユーロを買っていない。RSIを使った逆張りが機能するには、相場にトレンドがないことが前提である。RSIが30以下であっても、チャートの水色の部分はすべてトレンド期間であった。

また、通貨の市場では、21日ボリンジャーバンド2σと13日移動平均3%乖離と相場の値段が交差したときが相場の短期的な転換点になりやすいが、このような局面での逆張りもやはり相場にトレンドがないことが必須の条件となる。

ユーロ/ドル(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド2σ(赤)・13日移動平均3%乖離(青)
水色部分での逆張りは危険!


(出所:石原順)

現在のユーロ/ドル相場の買い戻しがどこまで続くかはわからないが、オプションでレンジを組んでいる連中は、ユーロ/ドルが1.25を超えてくると苦しくなる。その場合は、5月高値1.2670をトライする可能性は十分あるだろう。

最近、通貨ファンドのトレーダーと話すと、必ずドル/円相場に対する愚痴が出る。全くトレンドが出ないので、儲からないという文句だ。現在、ドル/円相場は大きな三角保合形成中で、これをブレイクするか20ヶ月移動平均線を抜かないと埒があかないのである。もっと言えば、95円と88円をブレイクしないと大相場には発展しない。動かない通貨に固執してもしょうがない。同じ円相場をやるなら、豪ドル/円をトレードするほうがよいだろう。今年の豪ドル/円相場は、まずまず順張りがワークしている。

ドル/円(日足)とMACDの売買シグナル


(出所:石原順)

豪ドル/円(左)とドル/円(右)のATR(1日)

ドル/円は1日に1円動かない日が多い


(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)とMACDのシグナル

2010年の豪ドル/円と日経平均はMACDの当たり年?


(出所:石原順)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


はじめよう!!10万円からのお任せ運用

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]