現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第16回 いましばらくランダムウォークか?

第16回 いましばらくランダムウォークか?

2008年4月11日

来週から米国金融機関の第一四半期決算発表が相次ぐが、「FRBは3月14日の時点で、ベアー・スターンズ以外に複数の証券会社を救済する用意があった」と報道されている。金融セクターに対する抜本的な対策としては公的資金による資本注入が必要と思われるが、バブル救済のモラルハザードとの反対も多いため、ベアー・スターンズのような事例がもう2~3件出てこないと実現しないであろう。その間のモラトリアム救済の場であるワシントンG7には久しぶりに大きな注目が集まっている。

今回のG7は米国大手銀行の資本金引上げ後の貸し渋りが懸念されているなか、米欧日三極の証券・銀行や欧米有力ファンドの首脳が出席することが注目されている。現状のままでは米欧の大手銀行が資本金維持のため融資を控える結果、軽い景気減速では済まず世界の実体経済にも深刻な影響を及ぼすだろう。実際、現時点での米景気成長率は実質ゼロと言われている。4月8日に国際通貨基金(IMF)が「世界金融安定報告」を発表したが、米国の住宅ローン危機に端を発した金融混乱に伴う金融機関の損失総額は1兆ドルに迫る可能性があるとの見通しを示しており、この問題はすでに政治の領域に入っていると言えよう。

ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティの推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ユーロ/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティの推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

豪ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティの推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

外為市場は前回のコラムで指摘したように、標準偏差ボラティリティが天井をつけ下落過程にあるなか、もちあい乱高下の展開となっている。4月10日のドル/円相場をみても102円→100円→102円というとんでもない往来相場となっており、投げと踏みの応酬で短期トレーダーは少なからず痛手を負ったと言われている。例によって後講釈で相場解説が行われているが、相場に方向感はなくファンダメンタルズや材料が主導している相場ではない。

格好のデイトレ相場環境にみえるが、相場に方向性がないため順張りはワークしにくい。現在ヘッジファンドの現金ポジションは歴史的な高水準となっているが、まだリスク収縮が続くのか一服するのか、ファンドマネーの動向=資本移動が今後の外為市場の動向を左右することになるだろう。標準偏差ボラティリティの推移をみながら相場のもちあい離れを待ちたい局面である。

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


はじめよう!!10万円からのお任せ運用

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]