現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第14回 乱気流相場への対応

第14回 乱気流相場への対応

2008年3月28日

「カジノ資本主義」・「ファンド資本主義」と呼ばれたバブル相場の逆流が起きている。このようなマーケットで起こることは、行動ファイナンス理論からいえば、リスク圧縮、新規投資敬遠といった損失回避行動である。現在、外為市場で起きているキャリー・トレードの縮小傾向もその1つである。

下のチャートはCBOE (Chicago Board Options Exchange)で取引されているSPX VOLATILITY INDX(俗称:恐怖指数)の推移であるが、昨年7月から4連発で大きな信用収縮による損失回避行動があったことを物語っている。外為市場ではこの過程でハイ・レバレッジのキャリー・トレードを行っていた投資家は大きな損失を被る結果となった。

VIX恐怖指数(日足)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

VIX恐怖指数(週足)1992年~2008年


(出所:石原順、ブルームバーグ)

このVIX(恐怖指数)をもう少し大きなタームでみてみると過去にはVIXが50近くまで上昇した局面が数回あった。1997年のアジア通貨危機、 1998年のロシア危機とヘッジファンド=ロングターム・キャピタルマネージメントの破綻、2001年のエンロンの破綻、2002年のワールドコムの破綻時である。現在の信用不安相場もこの指数が示唆する限りではまだプロローグかも知れない。

フィラデルフィア銀行株指数(日足)


(出所:石原順、ブルームバーグ)

フィラデルフィア KBW銀行株指数は、調整時価総額加重平均指数。取引所およびナショナル・マーケット・システム上場のマネーセンター・バンクと地方の主要金融機関 24 銘柄で構成され、金融セクターのパフォーマンスを表す。

フィラデルフィア銀行株指数の推移からみても金融株が抱えるみえないリスクは解消しておらず、相場が波乱含みである状況が続いている。

ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティ(13日・26日・55日)とADXの推移


(出所:石原順、ブルームバーグ)

ドル/円相場は標準偏差ボラティリティやADXの頭打ち傾向からみると、ドル急落相場もいったん終息した形となっている。足元では98~100円をコアレンジとした方向性のない展開が続いているが、依然ボラティリティレベルが高く歴史的に波乱含みの3月期末から1週間の動きには注意したい。

現在、時間のもたらす不確実性は増大中であり、「バーナンキ・プット」も当てにならない。積極的に集中投資を行う投資家は、今後起こりうる負の連鎖や見えないリスクに対応するために取引タームを短縮しデイトレード主体の運用に切りかえる局面であろう。相場の変動率が高いのでデイトレードでも十分収益が上がる環境にある。

投資家は利益をコントロールできない。しかし、損失はコントロールできる。相場はマネー・マネージメント、すなわち1に損切り、2に損切り、3、4がなくて5に損切りである。資産管理を怠らずに、しっかりシートベルトをしめて現在の乱気流相場に対応したい。

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


はじめよう!!10万円からのお任せ運用

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]