現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第345回 中国の第1四半期GDP、3月の鉱工業生産、小売売上高

第345回 中国の第1四半期GDP、3月の鉱工業生産、小売売上高

2013年4月16日

今日のまとめ

  1. 中国の第1四半期GDPは+7.7%と冴えなかった
  2. 3月の鉱工業生産は+9.5%と低迷
  3. 3月の小売売上高は+12.4%と市場予想を下回った
  4. 全体として冴えない数字はコモディティ市況に悪影響を及ぼしている

GDP

中国の第1四半期GDPは+7.7%でした。市場予想は+8.0%でしたのでがっかりさせられる数字でした。因みに去年の第4四半期は+7.8%でしたので成長率は鈍化していることになります。

中国のGDP成長率(%、中国国家統計局)

鉱工業生産

中国の3月の鉱工業生産は+9.5%でした。市場予想は+10.0%でしたので、こちらも落胆させられる数字でした。因みに1・2月の鉱工業生産は+9.9%でしたので成長率は鈍化しています。

中国の鉱工業生産(%、前年同期比、3カ月移動平均、中国国家統計局)

小売売上高

中国の3月の小売売上高は+12.4%でした。市場予想は+12.5%でしたので、これもがっかりさせられる数字です。因みに1・2月は+12.3%でした。この比較では少し改善したことになります。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

ただ基調としては未だボトムを模索するグラフであることには変わりはありません。

中国経済の足踏みでコモディティ市場が下落

今回発表された中国の一連の経済指標は中国経済が去年の景気循環的回復から再び弱含みはじめていることを確認する内容となりました。

中国は銅、鉄鉱石、原油、石炭などを大量に消費する、コモディティ市況にとって最も重要な国です。その中国の経済指標がいまひとつ冴えないため、商品相場は冴えない展開になっています。

中国政府の優先政策課題は不動産投機の抑制であり、そのような政府の意向にもかかわらず最近、再び不動産の取引は活発化しています。これは中国政府が引き続き引締め的な政策を取ることを示唆しており、株式や商品の投資家にとっては逆風の投資環境が続くと考えて良いでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに