現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第343回 ドル高と新興国株式市場

第343回 ドル高と新興国株式市場

2013年4月8日

今日のまとめ

  1. 一部アセアン市場を除き、新興国の株式市場は冴えない
  2. ドル高が新興国株安の一因
  3. BRICsの景気もいまひとつ
  4. 株価のバリュエーションは妙味のある水準

冴えない新興国株式市場

新興国の株式市場が冴えません。まず代表的な株価指数をチェックします。
最初は香港ハンセン指数です。

香港ハンセン指数(ヤフー・ファイナンス)

次はインドSENSEX指数です。

インドSENSEX指数(ヤフー・ファイナンス)

次はブラジル・ボベスパ指数です。

ブラジル・ボベスパ指数(ヤフー・ファイナンス)

もちろん、全ての新興国の株式がダメなわけではありません。ジャカルタ総合指数は元気です。

ジャカルタ総合指数(ヤフー・ファイナンス)

このほかアセアン諸国の株式市場はおおむね堅調です。

そこで今日は、なぜBRICsの株式市場が冴えないのかについて考えてみることにします。

ドル

去年の暮からドルが堅調です。これには二つの要因があります。ひとつは米国の景気が、欧州や日本の景気より底堅いことが関係しています。下は欧州委員会が出した『冬季レポート』による世界のGDP成長率予想です。

世界のGDP成長率(%、欧州委員会)

今年と来年の米国の予想が、他国より高い点に注目してください。

ドルが堅調なもうひとつの理由は日本が積極的な緩和政策を採用したことによります。

このためドルの堅調は今後も続く可能性が強いと言えます。

ドルとコモディティ敏感な投資対象との関係

さて、ドルと、金や原油などのコモディティは、逆相関の関係にあると言われています。これらの商品はドル建てで取引されるため、ドルが減価するとそれを補うために商品の価格が高くなるからです。

逆に現在のようにドルが高くなっているときはドル建てのコモディティの値段には下落圧力がかかります。このため金や原油はこのところ冴えない展開になっています。

新興国、とりわけブラジルやロシアはコモディティの輸出が経済のバックボーンになっています。このため資源価格が低迷しているときは株式市場も人気が離散しやすいです。

加えて世界で一番潤沢な投資資金を持っており、新興国株式の主要な買い手である米国の投資家は、ドル高局面では海外の投資を控える傾向があります。このことも新興国株式が顧みられない理由となっています。

BRICsの景気はどうか?

さらにBRICsの景気を見た場合、前回のレポートでお伝えしたように、足下のBRICsの景気には陰りが見えています。

BRICsの製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

中国政府が不動産市場の投機抑制に動いていることが、いまひとつハッキリしない景況感につながっていることは、間違いありません。

このように現在は諸々の要因が全て新興国の株式にアゲンストの風となっているわけです。ただ株価が安いことはBRICs諸国の経済運営が破たんしていることを意味しません。

株式市場のバリュエーションで見ると、これらの市場は歴史的に最低の水準に差し掛かっています。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに