現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第337回 BRICsの2月の製造業購買担当者指数

第337回 BRICsの2月の製造業購買担当者指数

2013年3月4日

今日のまとめ

  1. ブラジルの指数は悪化した
  2. ロシアは先月と比べて横ばいだった
  3. インドは先月の落ち込みから切り返している
  4. 中国は納期が短くなっており、拡大サイクルが終焉するかどうかの瀬戸際にある

ブラジル

ブラジルの2月の製造業購買担当者指数は52.5でした。これは1月の53.2から悪化したことを意味します。

ブラジル製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

内訳を見ると生産は2月も拡大しており、これで過去6カ月連続して拡大したことになります。国内景気の拡大がその背景にあります。新規輸出受注は3カ月連続して拡大しました。雇用は今月も拡大しました。仕入れコストは若干上昇しており、メーカーはその一部を顧客に転嫁することに成功しています。

ロシア

ロシアの2月の製造業購買担当者指数は1月と同じの52.0でした。

ロシア製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注は2月も拡大しました。これで17カ月連続して新規受注が拡大したことになります。ロシア国内からの受注が活発な半面、新規輸出受注は冴えませんでした。生産は少し拡大していますがそのペースは鈍化しています。在庫は拡充されています。その半面、雇用は4カ月連続で減少しました。

インド

インドの2月の製造業購買担当者指数は54.2でした。これは1月の53.2からリバウンドしたことを意味します。

インド製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注は好調です。雇用は若干拡大しています。素材価格の値上がりで仕入れコストは上昇しており、インフレのペースは加速しています。

中国

中国の2月の製造業購買担当者指数は50.4でした。これは1月の52.3から鈍化したことを意味します。

中国製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

生産は過去4カ月連続して拡大しています。新規受注もしっかりしており過去5カ月連続して拡大しました。新規輸出受注も拡大しているのですがその拡大幅は小さかったです。雇用は横ばいでした。納品に要する日数は短くなっており、これは9月以来の出来事です。仕入れコストは過去5カ月連続して上昇しています。

まとめ

BRICsの製造業購買担当者指数は全体として2月も好調でした。しかし中国やブラジルといった市況的な色彩の強い国では数字は少し悪化しています。これは中国経済の景気循環的(シクリカル)な改善が、早くも一巡してしまった可能性を示唆しています。春節の特別要因が働いている期間を終えても、数字の暗転が続くかどうかがカギになると思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに