現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第334回 中国の1月の貿易統計、物価

第334回 中国の1月の貿易統計、物価

2013年2月12日

今日のまとめ

  1. 輸出、輸入ともに強かったが、それは営業日数が多かったため
  2. 消費者物価指数は2%前後で安定へ
  3. 生産者物価指数は中国経済の景気循環的回復を反映

貿易統計

中国の1月の輸出は前年比+25%の1兆1,800億人民元(約1,893億ドル)でした。因みに12月は1,992億ドルです。輸出の増加率(前年同期比)は

2012年8月 +2.7%
2012年9月 +9.9%
2012年10月 +11.6%
2012年11月 +2.9%
2012年12月 +14.1%
2013年1月 +25.0%

ということになります。

一方、中国の1月の輸入は前年比+28.8%の9,900億人民元(約1,588億ドル)でした。因みに12月は1,676億ドルです。輸入の増加率(前年同期比)は

2012年8月 -2.6%
2012年9月 +2.4%
2012年10月 +2.4%
2012年11月 ±0.0%
2012年12月 +6.0%
2013年1月 +28.8%

ということになります。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

すなわち今回は輸出も輸入も去年の2月以来で最も高い伸び率だったということです。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

これは歓迎すべきニュースですが、中国の貿易統計は毎年、春節がどの期間に統計的に捕捉されるかで、乱高下しやすいです。従って1~2月の合計で均して考える必要があるように思います。実際、今回の統計では営業日が22日あったのに対し、去年の1月の統計では17日しかありませんでした。従って増加分の大半は、この営業日数の差で説明できるように思います。

物価

中国の1月の消費者物価指数は+2.0%でした。これは市場予想と同じでした。因みに12月は+2.5%でした。

生産者物価指数は-1.6%でした。これも市場予想と同じでした。因みに12月は-1.9%でした。

中国の物価(%、国家統計局)

消費者物価指数は2%前後を中心として横ばいの様相を呈しています。一方、生産者物価の回復は中国経済が景気循環的な回復局面にあり、製造業の活動が活発化していることを示唆しています。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに