現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第333回 インド経済の近況

第333回 インド経済の近況

2013年2月8日

今日のまとめ

  1. インド経済は、ほぼ全ての点で期待を下回るパフォーマンスである
  2. 政府による経済の改革が遅々として進んでいない
  3. 外国からの気まぐれな投資資金に過度に依存する不健全な体質

IMFの「アーティクル・フォー」が発表された

国際通貨基金(IMF)がインドの年次協議報告書(Article IV Consultation)を発表しました。

2004年から2009年にかけて年率8.5%で成長してきたインド経済は現在年率+5.4%程度(2012~2013会計年度)に下がってきています。

インドのGDP成長率(%、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想値、IMF)

IMFはインドの経済成長が伸び悩んでいる原因として電力不足などの構造的な問題、ならびに政府の政策がビジネス・フレンドリーではないことなどを指摘しています。

インドの物価は他の新興国の平均に比べて3パーセンテージ・ポイントほど高い状態が続いています。

インドの物価(%、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

インドは輸入超過に陥っています。

インドの輸入と輸出(10億ドル、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

また経常赤字も慢性的に悪い状態が続いています。

インドの経常収支(GDPの%、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

また政府の財政赤字体質も遅々として改善していません。

インド政府(中央+地方)の財政収支(GDPの%、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

インド政府はこうした落胆すべき経済のパフォーマンスに鑑み、一連の改革を打ち出しています。具体的にはディーゼルの統制価格の値上げ、LPガスへの補助金に数量制限を設けること、政府系送電会社の債務の再編、内閣に大型プロジェクトに関する一本化した窓口を設けることなどです。

インドの現在の外貨準備高は約2,900億ドルです。これは去年の3,050億ドルから減少しています。また毎年輸入額が増えているので外貨準備が輸入の何カ月分をカバーしているか? の比率はどんどん悪化しています。これが4カ月台に突入すると外貨準備の増減で為替が乱高下する状態になりかねません。

インドの外貨準備高が輸入の何カ月分をカバーしているか(月、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

インドは経常収支の赤字を外国からの投資で補う形になっています。今のところ海外の投資家はインドの成長ストーリーを信じて継続投資をしています。

海外からインドへの投資(10億ドル、2011~2012年は暫定値、2012年以降は予想、IMF)

しかし外人投資家を本当に安心させるためには小売業の規制緩和をはじめとする、長年の懸案をどんどん処理してゆく必要があると思われます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに