現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第332回 BRICsの1月の製造業購買担当者指数

第332回 BRICsの1月の製造業購買担当者指数

2013年2月4日

今日のまとめ

  1. ブラジルは新規受注を中心に好調だった
  2. ロシアも受注が強かった
  3. インドだけは停電の影響で指数が下落した
  4. 中国は新規受注が好調だった

ブラジル

ブラジルの1月の製造業購買担当者指数は53.2でした。これは去年の12月の51.1から大幅に改善したことを意味します。また1月の53.2という水準は2011年2月以来、過去23カ月で最高です。

ブラジル製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

内訳を見ると先ず新規受注が急増しています。新規輸出受注も2カ月連続で伸びました。一方、生産は5カ月連続拡大しています。生産のペースの拡大は過去23カ月で最も速かったです。このような増産にもかかわらず受注残も増えています。このためメーカーは在庫拡充に走っています。さらに雇用も過去10カ月で初めて増加に転じました。このように今回のブラジルの製造業購買担当者指数はあらゆる面で良い数字だったと言えます。

ロシア

ロシアの1月の製造業購買担当者指数は52.0でした。これは2012年12月の50.0から大幅な改善です。

ロシア製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注は過去22カ月で最も良い数字でした。このため受注残も増加しました。この反面、製造業における雇用は3カ月連続現象しています。仕入品の値上がり圧力は余り強くありませんでした。

インド

インドの1月の製造業購買担当者指数は53.2でした。これは2012年12月の54.7から悪化したことを意味します。

インド製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

現在の水準はまだまだ強い数字には違いありませんが、BRICs各国の中でインドだけがトレンドが逆になっている点が目をひきます。断続的な停電が生産の足を引っ張りました。新規受注は伸びていますが、そのペースは鈍化しています。完成品在庫は少し減り、メーカーが在庫を取り崩す事で顧客の注文を充足したことを示唆しています。

中国

中国の1月の製造業購買担当者指数は52.3でした。これは2012年12月の51.5からさらに拡大したことを意味します。

中国製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

生産は2011年3月以来、最も速いペースで拡大しました。新規受注も4カ月連続で拡大するなど好調です。先月減少を見た新規輸出受注も再び増加に転じました。地域別では欧州と米国からの受注が好調です。これを受けて購買活動も加速しています。雇用は若干の拡大を見ています。

まとめ

BRICsの製造業は、今、良い環境の中にあります。重要なクリスマス商戦期間がまずまずの結果だったことを受けて米国や欧州の顧客のマインドは良好です。それはBRICs各国の購買担当者指数の新規海外受注の数字にも反映されています。言い換えれば先進国発の景気鈍化リスクは後退したということです。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに