現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第330回 中国の12月の貿易統計

第330回 中国の12月の貿易統計

2013年1月11日

今日のまとめ

  1. 12月は輸出、輸入とも予想を上回った
  2. 去年は通年ベースでは落胆すべき年だった
  3. 内需へのシフトは時間のかかる取り組み

貿易統計

中国の12月の輸出は前年同月比+14.1%の1,992億3千万ドルでした。市場予想は+5.0%ですからそれを大幅に上回った事になります。因みに11月は+2.9%、10月は+11.6%、9月は+9.9%、8月は+2.7%でした。

一方、中国の12月の輸入は前年同期比+6.0%の1,676億1,100万ドルでした。市場予想は+3.5%ですからそれを上回った事になります。因みに11月は±0%、10月は+2.4%、9月は+2.4%、8月は-2.6%でした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

上のグラフからもわかる通り、今回は輸出も輸入も過去最高値を更新し、ふっきれたチャートになっています。このところ中国の貿易統計の不振が投資家の心配の種になっていたので、12月の統計はホッと胸を撫で下ろす内容だったと言えます。

2012年通年でのパフォーマンス

さて、2012年を通してみると輸出額は+7.9%の2兆489億ドル、輸入は+4.3%の1兆8,178億ドルとなりました。下の前年同期比のグラフでもわかる通り、2011年は輸出も輸入も+20%以上成長していたわけですから、減速感は否めません。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

因みに中国政府の去年の目標は、輸出と輸入を合わせた貿易総額の伸びで+10%というものですから、2012年の実績である+6.2%は、おおいに不満の残るパフォーマンスだったと言えるでしょう。中国関税当局は今年の見通しとして、去年よりやや良い状況になるだろうとコメントしています。

経済の構造転換への努力は続く

中国経済はこれまで

  1. 貿易
  2. 固定資産投資

の二つのエンジンに牽引されて急成長を遂げてきました。しかし貿易の成長率が上で見たように鈍化しているので、固定資産投資をテコ入れしなければ算術的に従来のGDP成長率(+9%程度)を維持することは極めて困難になります。

幸い米国の消費もそれなりに堅調であり、中国の輸出を巡る環境は安定を取り戻しつつあります。折から中国の国内経済は景気循環的(シクリカル)な上昇トレンドに入っていますので、中国株に関しては良い投資環境になっていると言えます。ただ中国経済の内需主導型経済へのシフトという構造転換は一朝一夕には実現しない、難しい課題だと思います。その意味では、引き続き注意を要すると思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに