現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第328回 トルコ経済の近況

第328回 トルコ経済の近況

2012年12月25日

今日のまとめ

  1. トルコ経済はここへきて減速している
  2. 慢性的な貿易赤字体質である
  3. 経常収支も赤字である
  4. 貯蓄率が低いので外国からの資本への依存度が高い
  5. 好・不景気を一層強調するプロシクリカリティがある点に注意

年次協議報告書が提出された

国際通貨基金(IMF)がトルコに関する年次協議報告書(Article IV consultation)を提出しました。

GDP成長は減速

トルコのGDP成長率は内需の成長の一巡で減速しています。2012年第2四半期のGDP成長率は+2.9%にとどまり、去年の第2四半期の+9.1%から大幅に減速しています。

トルコのGDP成長率(%、2012年以降は予想、IMF)

内需の減速は個人消費の減速ならびに投資の鈍化が原因です。

貿易ならびに経常収支

トルコは慢性的な貿易赤字体質となっています。景気が若干、減速したことで輸入(赤)は頭打ちになっています。その一方で輸出(青)は中東・北アフリカ向けを中心に堅調です。

トルコの輸出と輸入(10億ドル、2012年以降は予想、IMF)

この結果、2012年のトルコの貿易収支は2011年に比べて若干改善すると見られています。

トルコの貿易収支(10億ドル、2012年以降は予想、IMF)

トルコは大幅な貿易赤字を外国から流入する投資資金によっておぎなっています。それでも経常収支は慢性的な赤字です。

トルコの経常収支(GDPの%、2012年以降は予想、IMF)

トルコは貯蓄率がGDPの14%に過ぎません。この貯蓄率の低さが外国からの資本への依存につながっています。

景気が良いときは投資資金が殺到し、結果としてトルコ・リラが割高となり、逆に景気に変調をきたすとすぐにホットマネーが逃げてゆくというプロシクリカル(=景気循環を一層誇張すること)な傾向を示しています。

物価

トルコは景気の強さに比べて政策金利が低すぎるため、慢性的なインフレ体質になっています。

トルコの消費者物価指数(%、2012年以降は予想、IMF)

まとめ

投資対象としてのトルコは、いわゆる高金利国であり、一見すると魅力的であるように映ります。しかし魅力的な利回りになっている背景には、常に身の丈以上の消費をし、しかも貯蓄率が低く、海外から流入する資金にやりくりを依存するという、その日暮らし的な体質があります。ブーム&バスト的な乱高下を運命付けられた市場であることを念頭に置きながら投資することが望ましいと思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに