現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第326回 中国の11月の貿易統計

第326回 中国の11月の貿易統計

2012年12月11日

今日のまとめ

  1. 輸出は+2.9%にとどまった
  2. 輸入は±0%だった
  3. 米国クリスマス商戦が好調のため、今後、新規輸出受注が落ち込むリスクは低い
  4. 輸出依存型経済から内需へのシフトが急務

貿易統計

中国の11月の輸出は前年比+2.9%の1,794億ドルでした。因みに10月は+11.6%、9月は+9.9%、8月は+2.7%でした。

一方、輸入は±0%の1,598億ドルでした。因みに10月は+2.4%、9月は+2.4%、8月は-2.6%でした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

今回の輸出の数字はコンセンサス予想の+9%を下回る落胆すべき数字でしたが、過去数カ月の輸入の数字が冴えなかったことから、これは十分に予想できた事です。

米国のクリスマス商戦にも注目

11月22日は米国のサンクスギビング・デー(感謝祭)でした。サンクスギビング・デーの翌日はブラック・フライデーと呼ばれる、小売業者にとって米国で一年のうちに最も重要な日です。ブラック・フライデーは米国のクリスマス商戦の正式なキックオフの日です。今年のクリスマス商戦はネット・ショッピングを中心にまずまず好調のようです。

これを貿易との絡みで考えれば、少なくとも米国向け輸出受注がクリスマス商戦の不振から今後大きく減退するというリスクは、ほぼ無くなったと考えられます。

一方、最近の製造業購買担当者指数を見ると新規輸出受注には少し改善の兆しも見えています。

これらの事を総合すると輸出は現在のような足踏みの状態を続け、中国経済の成長の足を大きく引っ張るネガティブ要因とはならないと予想されます。

輸出主導型経済から内需重視の経済へ

中国が従来のように輸出をどんどん伸ばすことで経済成長を得ることは今後難しくなります。このため成長の中心を内需に移してゆく必要があります。

持続的な内需の拡大を促すためには金利政策や財政出動などだけでなく、社会保障制度の改革をはじめとする抜本的な改革で消費を援助することが必要になると思われます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに