現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第315回 BRICsの9月の製造業購買担当者指数

第315回 BRICsの9月の製造業購買担当者指数

2012年10月2日

今日のまとめ

  1. ブラジルは久しぶりに生産が拡大した
  2. ロシアはBRICsの中で最も元気が良い
  3. インドは高水準で横ばいを続けている
  4. 中国は輸出の不振が影を落としている

ブラジル

ブラジルの9月の製造業購買担当者指数は49.8でした。これは8月の49.3から若干改善したことになります。

ブラジル製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注と新規輸出受注はどちらも下落しました。これは8月までのトレンドと同じです。企業は受注残を取り崩すことで生産の水準を維持しています。新規購買は絞り込まれています。
生産は若干拡大しており、これは3月以来で初めての事です。これは新製品の発売に絡むものだと言われています。材料価格は上昇しています。雇用は引き続き減少しています。

ロシア

ロシアの9月の製造業購買担当者指数は52.4でした。これは8月の51.0から改善しています。

ロシア製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注が過去12カ月連続して増加したことが大きく寄与しています。受注のペースは加速しています。また先月足踏みした新規輸出受注も今月は反発しました。食品、エネルギー、輸送コストなどを中心に、インフレ圧力が強まっています。雇用は拡大しています。

インド

インドの9月の製造業購買担当者指数は52.8で8月に比べて横ばいでした。

インド製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注は拡大しています。先月まで少し足踏みしていた輸出受注は今月、反発を見ています。各社は材料の手当てを強化しています。原材料の在庫は増えています。また完成品の在庫も少し増えています。材料費のインフレは依然、存在しています。雇用は今月も増加しました。

中国

中国の9月の製造業購買担当者指数は47.9でした。これは8月の47.6より若干改善となりました。

中国製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

新規受注は過去11カ月連続で減少しました。また新規輸出受注は過去42カ月で最も急速なペースで下落しました。受注残が減っているので各社は生産のペースを落とす事でこれに対応しています。生産自体は今年の3月以来で最も低い水準でした。雇用を減らす事で企業はこれに対応しています。ただ雇用減少のペースは幾分鈍化しました。材料の購買活動は低迷しています。5カ月連続で購買は前月を下回りました。材料費は5カ月連続で下落しています。

まとめると中国の不調が際立っていると思います。そしてその不調の主な原因は輸出の不振です。引き続きこの点に注目したいと思います。


はじめよう!!10万円からのお任せ運用

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]