現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第311回 中国の8月の物価・鉱工業生産

第311回 中国の8月の物価・鉱工業生産

2012年9月10日

今日のまとめ

  1. 消費者物価指数は久しぶりに上昇に転じた
  2. 生産者物価指数は引き続き強い落勢をしめしている
  3. 北米の干ばつの影響が心配される
  4. 鉱工業生産は未だ鈍化している
  5. 中国人民銀行は難しい対応を迫られている

物価

中国の8月の消費者物価指数は+2.0%でした。コンセンサス予想も+2.0%でした。因みに7月は+1.8%でした。消費者物価指数が先月から比べて上昇したのは今年の3月以来のことです。

一方、8月の生産者物価指数は-3.5%でした。コンセンサスは-3.0%でしたのでそれを下回りました。因みに7月は-2.9%でした。

中国の物価(%、国家統計局)

今回、消費者物価指数が久しぶりに上昇した主な理由は食品価格が+3.4%上昇したことによります。北米における干ばつの影響で穀物価格が高騰しているため、9月以降も中国の食品価格は上昇プレッシャーを受けるだろうと見られています。

その一方で生産者物価指数は相変わらず強い落勢を示しています。これは過剰設備から来る工業部門におけるデフレ圧力が働いているからです。

鉱工業生産

中国の8月の鉱工業生産は+8.9%でした。コンセンサス予想は+9.0%でしたので、それを下回った事になります。因みに7月は+9.2%でした。

中国の鉱工業生産(%、前年同期比、3カ月移動平均、中国国家統計局)

今回の数字は2009年5月以来で最低です。

鉱工業生産が鈍化している一因は完成品在庫の整理が進むまで、生産を絞り込む動きがあるからです。

難しい政策対応

中国人民銀行はこれまで6月と7月に相次いで政策金利を引き下げました。しかしそれ以降は様子見に徹しています。

今回の物価統計を見ると、再び食品価格に上昇プレッシャーが出ている事がわかるので、中央銀行としては利下げに対して慎重な態度を取らざるを得ません。それは株式市場の調整の長期化を招くリスクがあると思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに