現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第309回 中国の7月の経済指標

第309回 中国の7月の経済指標

2012年8月13日

今日のまとめ

  1. 生産者物価指数の下落は中国がデフレ・リスクに晒されていることを示唆
  2. 鉱工業生産は2009年7月以来最低
  3. 小売売上高も低迷
  4. 輸出は僅か+1%成長にとどまった
  5. 更なる金融緩和が必要

物価統計

中国の7月の消費者物価指数は前年比+1.8%でした。コンセンサス予想は+1.7%でしたのでそれより少し高かったことになります。因みに6月は+2.2%でした。

一方、生産者物価指数は-2.9%でした。コンセンサス予想は-2.5%でしたので、それを下回りました。因みに6月は-2.1%でした。

中国の物価(%、国家統計局)

今回の数字は中国経済がデフレ・リスクに晒されていることを示しています。

鉱工業生産

中国の7月の鉱工業生産は前年比+9.2%でした。コンセンサス予想は+9.7%ですのでそれを下回りました。なお6月は+9.5%でした。

中国の鉱工業生産(%、前年同期比、3カ月移動平均、国家統計局)

今回の数字は2009年7月以来最低です。

小売売上高

中国の7月の小売売上高は+13.1%でした。コンセンサス予想は+13.5%ですのでそれを下回ったことになります。因みに6月は+13.7%でした。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

リーマンショック以降の世界経済の低迷を受けて中国は輸出主導型の経済運営から内需拡大へと経済の方向転換を迫られています。しかし小売売上高の数字を見る限りにおいてはその道のりは平たんではないことがわかります。

貿易統計

中国の7月の輸出は1,769億4千万ドルでした。前年同月比で+1%という低い伸びにとどまっています。一方輸入は1,517億9千万ドルでした。+4.7%でした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

今回の輸出が振るわなかったのは、先月までの輸入の状況を見れば或る程度予想されたことです。なぜなら中国は大量に原材料を輸入し、それを加工して再輸出するという、いわゆる加工輸出型経済だからです。

その点、今回の貿易統計で7月の輸入が+4.7%にとどまったことは悪い予兆だと思います。

まとめ

今回発表された中国の一連の経済指標は同国の経済がスパイラル的に悪化していることを示唆しています。経済をちゃんと着地させるためには一層の金融緩和が必要ですが、中国人民銀行のこれまでの采配には逡巡が感じられます。
投資家のコンフィデンスを奮い立たせる手綱さばきであるとは言えません。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに