現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第306回 BRICsの7月の製造業購買担当者指数

第306回 BRICsの7月の製造業購買担当者指数

2012年8月2日

今日のまとめ

  1. ブラジルは新規受注と輸出が低迷
  2. ロシアの新規受注と輸出は改善
  3. インドの輸出は減少に転じた
  4. 中国の新規受注は今月も減少

ブラジル

ブラジルの7月の製造業購買担当者指数は48.7でした。これは6月の48.5から若干改善したことになります。

ブラジル製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

指数が50以下であるということはメーカーの担当者のマインドとしては「未だ景気が悪化している」という考え方が支配的だということを意味しています。

内訳をみると特に新規受注は年初から一貫して減っています。輸出も低調です。工場における出荷高も減少し、雇用も減少しました。唯一明るい材料としては材料費の高騰が一巡した点です。

ロシア

ロシアの7月の製造業購買担当者指数は52.0でした。これは6月の51.0から改善したことを示唆しています。

ロシア製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

内訳をみると新規受注が改善しています。これは年初来、ずっと維持されているトレンドです。しかも新規受注の改善のペースはここへきて加速しています。輸出も改善していますが、そのペースは鈍化しました。雇用には変化はありませんでした。これはロシアの製造業の生産能力や人員配置が、現在の需要に照らして十分余裕があることを示唆しています。

インド

インドの7月の製造業購買担当者指数は52.9でした。これは6月の55.0から悪化したことになります。

インド製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

内訳を見ると、新規受注は拡大していますが、そのペースには鈍化が見られました。輸出受注に関しては2011年10月以来、初めて減少が見られました。雇用は若干拡大しました。手持ちの受注残は若干減りました。

中国

中国の7月の製造業購買担当者指数は49.3でした。これは6月の48.2から改善しています。

中国製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

内訳を見ると新規受注は今月も減少しました。輸出も減少しています。受注残は少しだけ増加しました。雇用は相変わらず減少しています。原材料費は下落しています。総合すると中国の製造業は引き続き下方プレッシャーを感じていることが明らかになりました。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに