現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第295回 中国の4月の経済指標

第295回 中国の4月の経済指標

2012年5月14日

今日のまとめ

  1. 貿易統計は欧州財政危機の影響を色濃く反映している
  2. 生産者物価の予想以上の落ち込みは生産活動の一層の低迷リスクを示唆
  3. 鉱工業生産はリーマンショック時並みの減速を示唆
  4. 小売売上高は内需重視型経済への移行の困難さを示している

貿易統計

中国の4月の輸入は前年比+0.3%の1,448億ドルでした。因みに3月は1,603億ドルですから前月比でマイナスを記録しました。

一方、4月の輸出は前年比+4.9%の1,633億ドルでした。こちらも3月の1,656億ドルより減っています。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

因みに3月の輸入、輸出はそれぞれ前年比+5.3%、+8.9%でした。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

例年、中国の貿易統計は春節の関係で春先はブレやすいです。1・2月の急減、ならびに急反発を無視して、中期的な趨勢を見ると、輸出も輸入もペースの鈍化が顕著です。これは欧州債務危機が影響を及ぼしているものと考えられます。

物価統計

中国の4月の消費者物価指数は+3.4%でした。これはコンセンサス予想と同じです。因みに3月は+3.6%でした。

一方、生産者物価指数は-0.7%でした。これはコンセンサス予想の-0.5%より急激な落ち込みでした。因みに3月は-0.3%でした。

中国の物価(%、国家統計局)

生産者物価が予想以上にマイナスになっているということは、経済にだぶつきがあることを暗示しており、更なる経済活動の鈍化のリスクがあることを示しています。

鉱工業生産

4月の鉱工業生産は前年比+9.3%でした。コンセンサスは+12.2%でしたので、大きくそれを下回ったことになります。因みに3月は+11.9%でした。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

今回の鉱工業生産の数字は中国経済がリーマンショック直後のような急速な冷え込みを再び経験していることを示しており、これは大変良くない展開です。

小売売上高

中国の4月の小売売上高は前年比+14.1%でした。コンセンサス予想は+15.1%ですから、こちらも市場予想を大幅に下回ったことになります。因みに3月は+15.2%でした。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

中国はこれまでの輸出依存型経済から、より内需重視型の経済に戦略転換している最中です。しかし上に見る小売売上高のトレンドは、このシフトが平坦な道のりでは無いことを示しています。

まとめると今月の経済指標はハードランディングのリスクが急増していることを示唆する、憂慮すべき内容でした。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに