現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第294回 BRICsの製造業購買担当者指数

第294回 BRICsの製造業購買担当者指数

2012年5月7日

今日のまとめ

  1. ブラジルの製造業購買担当者指数は悪化した
  2. ロシアの製造業購買担当者指数は改善が著しかった
  3. インドの製造業購買担当者指数は高水準で安定している
  4. 中国の製造業購買担当者指数は底打ちを感じさせた

ブラジル

ブラジルの4月の製造業購買担当者指数は49.3でした。

ブラジル製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

これは今年に入って初めてブラジルの製造業の経済が50以下、つまり景気の悪化に転じたことを意味します。

今回の数字が悪かった背景には生産と新規受注の両方の減速があります。最終需要は世界経済の鈍化を反映して輸出を中心に弱々しかったです。製造業における雇用も縮小しました。

ロシア

ロシアの4月の製造業購買担当者指数は52.9でした。

ロシア製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

これは過去1年で最も良い水準でした。またBRICs各国の中でもひときわ改善が目立ちました。

今回の数字が良かった背景には生産と新規受注が好調だったことがあります。製造業における雇用も拡大しています。

ただ1997年以前の経済活動と比較した場合、まだまだ現在の水準は低いと言わざるを得ません。

インド

インドの4月の製造業購買担当者指数は54.9で3月の54.7をわずかに上回りました。

インド製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

最終需要は高水準で安定しています。生産は一部に停電などの影響があり、伸び悩みました。結果として受注残は増えています。

製造業における雇用は微増しました。コスト・インフレは加速しつつあります。

中国

中国の4月の製造業購買担当者指数は49.3で3月の48.1より少し改善しました。

中国製造業購買担当者指数(香港上海銀行)

中国の製造業購買担当者指数は6カ月連続で50以下だったので、景気はまだ悪化が続いていることになります。

生産ならびに新規受注は低水準で、企業は新規雇用に消極的です。実際、調査対象企業における従業員の減少幅は過去37カ月で最大を記録しました。

その反面、輸出の注文は若干上昇したと報告されています。なおインプット・コストの上昇はありませんでした。

今回の数字が3月より若干改善したことから中国の製造業の悪化にはようやく歯止めがかかり、底打ちが近いことが感じられました。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに