現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第293回 中国の第1四半期GDPと3月の鉱工業生産、小売売上高

第293回 中国の第1四半期GDPと3月の鉱工業生産、小売売上高

2012年4月13日

今日のまとめ

  1. 第1四半期GDPは市場予想を下回った
  2. 直前の期待が盛り上がっていただけに失望も大きい
  3. 鉱工業生産は市場予想を上回ったが未だ低い水準である
  4. 小売売上高も市場予想を上回ったが物足りない数字だった
  5. 今回の統計は全体として早急に金融緩和する必要を感じさせた

GDP

中国の第1四半期GDPは前年同期比+8.1%でした。コンセンサス予想は+8.4%なのでそれを下回ったことになります。因みに去年の第4四半期は+8.9%でした。

中国のGDP成長率(%、中国国家統計局)

今回のGDPの数字が市場予想を下回った事については直前に投資家の期待が高まっていただけに失望を誘いました。

鉱工業生産

中国の3月の鉱工業生産は+11.9%でした。これはコンセンサス予想の+11.6%より少し良い数字でした。因みに2月は+11.4%でした。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月平均移動、中国国家統計局)

今回の鉱工業生産の数字は1・2月の極端に悪い数字からは反発したものの未だ2009年の秋以来最低の水準です。

小売売上高

中国の4月の小売売上高は+15.2%でした。これはコンセンサス予想の+15.1%より少し良かったです。因みに2月は+14.7%でした。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

毎年、この時期は春節との絡みで数字がブレやすいです。従って急回復を期待していた投資家も多かったと思います。小売売上高の戻りの鈍さは「輸出から内需へのバトンタッチ」というシナリオに不安を残します。

まとめ

上記の一連の統計は中国経済が早急な金融緩和を必要としていることを示唆しています。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに