現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第281回 中国の12月の貿易、物価統計

第281回 中国の12月の貿易、物価統計

2012年1月13日

今日のまとめ

  1. 輸入の伸び率の低さが目をひいた
  2. 消費者物価指数は横ばいになっている
  3. これらは春節の影響かもしれない

貿易統計

中国の12月の輸出は前年比+13.4%の1,747億ドルでした。因みに11月は+13.8%ですので輸出のペースは減速したことになります。実際、輸出のペースは4カ月連続で減速しています。今回の伸び率は春節の特殊要因が働いた2011年2月を除くと2009年11月以来で最も低い伸び率でした。

一方、12月の輸入は+11.8%の1,582億ドルでした。これは過去2年で最も低い伸び率です。因みに11月の輸入の伸び率は+22.1%、10月のそれは+28.7%でしたから今回の伸び率の低さが目立ちます。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

今回の輸入の数字の伸び率が低かったことは一応注意しておく必要があると思います。言い直せば最近では初めて「ひょっとすると中国経済はハードランディングになるかも知れない」という懸念を抱かせる数字だったということです。

但し例年、春節の前後は数字がブレやすいので性急な判断は下すべきではありません。引き続き様子を見たいと思います。

物価

中国の12月の消費者物価指数は前年比+4.1%でした。これはコンセンサス予想の+4.0%より少し悪い数字でした。因みに11月は+4.2%でしたのでまだ改善基調が続いていることになります。

一方、生産者物価指数は+1.7%でした。これはコンセンサス予想の+1.7%と一致しました。因みに11月は+2.7%でした。

中国の物価(%、国家統計局)

生産者物価指数が引き続きザックリと下がっている一方で消費者物価指数が横ばいになったのは春節を前にした特殊要因が影響している可能性もあります。

いずれにせよ基調としてインフレ懸念は次第に後退しており、金融緩和余地が拡大していると解釈して良いでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに