現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第271回 サハラ以南アフリカの経済

第271回 サハラ以南アフリカの経済

2011年10月24日

今日のまとめ

  1. サハラ以南アフリカの経済は好調
  2. 中国が積極的に直接投資している
  3. 輸出の好調が経済をけん引している
  4. インフレの抑制が目下の課題である

好調なサハラ以南アフリカの経済

アフリカ大陸を論じる際、地中海に面した国々とサハラ砂漠によって分断されたサハラ以南アフリカ(Sub-Saharan Africa)を区別して論じる場合が多いです。

今日はサハラ以南アフリカの近況について解説します。

国際通貨基金(IMF)が最近提出した報告書によると2011年のサハラ以南アフリカのGDP成長率予想は+5.3%、2012年は+5.8%と予想されています。

サハラ以南アフリカのGDP成長率(%、IMF)

この地域の経済成長の様子をもう少し詳しく見ると、南アなどの中進国は雇用や鉱工業生産の点で未だリーマン・ショック以前の水準まで回復していません。

その一方で低所得国は高い成長率を記録しています。

中国による積極投資

サハラ以南アフリカ諸国の経済が好調なひとつの理由は中国をはじめとするBRICs諸国との経済面での連携が近年強化されていることによります。

とりわけ中国は近年積極的にアフリカ大陸に投資を行っています。

サハラ以南アフリカへの直接投資に占める中国のシェア(%、IMF)

中国は幅広いセクターに対して投資を行っています。

中国のアフリカへの直接投資はどのセクターに向かっているか(%、2009年、IMF)

中国だけでなくインドとブラジルもサハラ以南アフリカとの交易を積極的に拡大しています。このため2010年までに中国、インド、ブラジルのサハラ以南アフリカとの貿易は26%を占めるまでになりました。

サハラ以南アフリカの貿易に占める中国、インド、ブラジルの比率(%、2010年、IMF)

いまのところサハラ以南アフリカからこれらの国に対する輸出は石油などの一次産品が中心です。しかし工業製品の輸出も今度漸増することが予想されます。

輸出好調が経済をけん引

サハラ以南アフリカの輸出はリーマン・ショック後、四半期ベースで330億ドルから僅か130億ドルまで落ち込みました。しかしその後急角度で回復し、現在は300億ドル程度まで戻っています。

一方、輸入は同時期320億ドルから180億ドルに落ち込みました。しかし現在は260億ドルまで回復しています。

つまり輸出の回復の方が輸入の回復より著しいのです。

輸出の好調を背景にサハラ以南アフリカの経常収支は健全な状況を示しています。

サハラ以南アフリカの経済収支(%、IMF)

外貨準備もだんだん改善する傾向にあります。

サハラ以南アフリカの外貨準備高が輸入の何カ月分に相当するか(月、IMF)

インフレ抑制が課題

サハラ以南アフリカの目下の課題はインフレを抑え込むことです。

サハラ以南アフリカのインフレ率はリーマン・ショック前に一時14%まで上昇しました。その後7%台に下がっていましたが、再び上昇に転じており、現在は9.4%程度です。

サハラ以南アフリカのインフレ率(%、IMF)

特に食品価格の値上がりが激しいのが気になります。

サハラ以南アフリカのブレンド政策金利はリーマン・ショック前に12%に達しましたが、現在は8%を割り込んでいます。つまり実質マイナス金利になってしまっているわけです。

しかも今回の景気拡大サイクルでは未だ利上げは行われていません。

これはサハラ以南アフリカ諸国の中央銀行の金利政策が後手に回っていると言っても良いでしょう。

特にコンゴ、ギニア、シエラレオネ、ザンビアなどはすぐに利上げする必要があると思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに