現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第269回 中国の9月の貿易・物価統計

第269回 中国の9月の貿易・物価統計

2011年10月17日

今日のまとめ

  1. 9月の輸出、輸入はともに予想を下回った
  2. 中国経済減速懸念が出ている
  3. 欧州向け輸出の鈍化が著しい
  4. 物価は2カ月連続で上昇率の鈍化を見た
  5. 金融引締めがいよいよ終わりに近づいている

貿易統計

中国の9月の輸出は前年同期比+17.1%の1,697億ドルでした。コンセンサス予想は+20.3%でした。因みに8月の輸出は前年同期比+24.5%でしたので輸出のペースは減速しました。

一方、9月の輸入は前年同期比+20.9%の1,552億ドルでした。コンセンサス予想は+23.7%でした。因みに8月は+30.2%でしたので輸入のペースも減速したことになります。

今回は輸出、輸入の伸び率ともに市場予想を下回り、ここ2カ月の漸増トレンドに反する結果となりました。

夏以降、世界経済の減速懸念が高まっています。従って、いよいよ中国経済も世界のスローダウンがもたらす影響から逃れることが出来なくなっているのではないか? という懸念が台頭しています。

9月の輸出の鈍化は主に欧州連合(EU)諸国向けの輸出の鈍化の影響です。欧州諸国は今急激に景況感が悪化しているので、これは仕方ないことではないでしょうか?

9月の欧州向け輸出は316.1億ドルでした。これは8月に比べると-7.5%でした。一方、9月の米国向け輸出は301.1億ドルでした。これは8月の300.9億ドルを僅かに上回っています。

物価統計

中国の9月消費者物価指数は前年同期比で+6.1%でした。これはコンセンサス予想と同じでした。因みに8月は+6.2%だったので若干、インフレの上昇ペースが減速したと言えます。インフレの上昇ペースが鈍化するのは2カ月連続です。

一方、生産者物価指数は+6.5%でした。これはコンセンサス予想の+6.9%より低い上昇率でした。因みに8月は+7.3%でしたのでこちらも上昇のペースが鈍化しています。

今回、2カ月連続してインフレの上昇ペースが鈍化したことでいよいよ金融引締めが終わりに近付いているのではないかという期待が出ています。

引き続き注目したいと思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに