現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第267回 ロシアの大統領選挙

第267回 ロシアの大統領選挙

2011年9月26日

今日のまとめ

  1. プーチンが大統領に返り咲くことがほぼ決定
  2. 不確実性は除去された
  3. 外資系企業がビジネスしやすいイメージ作りが急務
  4. 経済の状況はまちまち

プーチンが大統領になる公算大

先週土曜日にメドベージェフ大統領が来年のロシアの大統領選挙では自ら大統領に立候補せず、代わりにプーチン首相を推すと発表しました。

これは大方の予想通りの展開です。

ロシアでは大統領は連続して2期までしか務められません。プーチンは2000年に大統領になり、2008年まで2期に渡って大統領を務めました。そこで憲法の規定通り首相へと転向すると同時に自分の後継者としてガスプロムの会長だったメドベージェフを大統領として推したわけです。

従ってメドベージェフが1期大統領を務めた後、再びプーチンが大統領に返り咲くというのは誰もが予想したシナリオです。

唯一、予想外だった点としては今のタイミングでこの候補者の選定が繰り上げて発表されたことでしょう。これは12月に実施される議会選挙を事実上、プーチン大統領承認の国民投票にすることで支持基盤を固める意図があると言われています。

なお大統領の任期は今回から6年に延長されるので、予定通りプーチンが2012年に大統領に就任すればすくなくとも2018年までプーチン時代が続くことになります。

軟調なロシアの株式・通貨

このところロシアの株式市場は売られており、ルーブルも軟調です。

その理由の半分はロシアの国内的な問題であり、残りの半分は外的な要因です。

国内の問題としては大統領選挙にまつわる不確実性を海外の投資家が嫌気したという点が挙げられます。

加えて外国資本の誘致の努力にもかかわらず海外からの直接投資は思ったよりも振るわないという事も指摘できます。

これについてはロシアが外国企業にとって依然、ビジネスのしにくい風土であるという事が影響しています。具体的には外国企業の投資を保護する法制度が弱い点が指摘できます。

最近ではBPが体よくロシアのビジネスから締め出されたのが記憶に新しいです。

BPはオイルメジャーの中では昔から最もロシアにコミットメントしている企業です。そのBPですらロシア政府に冷たくされているのです。これでは他の欧米企業はロシア進出を躊躇してしまいます。

その一方で最近のロシアからの資本逃避はロシアのせいではない側面もあります。

それはいま世界的に景気が鈍化しており、その環境の中で原油価格が下がっていることによります。

ロシアの株式市場は石油や天然ガスの企業が占める割合が高いので原油価格が下がると外国からの資金は抜けやすいのです。

ロシア経済の近況

ロシア経済はまずまずといった状況です。

先ず経済活動を示すアウトプット指数はこのところピックアップしています。

ロシアの経済活動アウトプット指数(前年を100として、バンク・オブ・ロシア)

次に失業率のトレンドですが8月は6.5%ということで歴史的に低い水準であると言えます。

ロシアの失業率(%、バンク・オブ・ロシア)

一時落ち込んでいた固定資産投資も再び盛り返してきています。

ロシアの固定資産投資(前年を100として、バンク・オブ・ロシア)

小売売上高は少し頭打ち感が出ています。なお今後もルーブル安が続くようだと小売売上高は低迷するリスクがあります。

ロシアの小売売上高(前年を100として、バンク・オブ・ロシア)

心配されていたインフレには明らかな鎮静化の傾向が見られます。

ロシアの消費者物価指数(前年を100として、バンク・オブ・ロシア)


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに