現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第265回 中国の8月の物価統計、小売売上高、鉱工業生産高

第265回 中国の8月の物価統計、小売売上高、鉱工業生産高

2011年9月12日

今日のまとめ

  1. 消費者物価指数、生産者物価指数とも先月より下がった
  2. 小売売上高は今月も弱かった
  3. 鉱工業生産高も横ばいを続けている
  4. 利上げプレッシャーは和らいでいる

物価統計

中国の8月の消費者物価指数は前年同期比で+6.2%でした。これはコンセンサス予想と同じでした。ちなみに7月は+6.5%です。

一方生産者物価指数は前年同期比で+7.3%でした。これはコンセンサス予想の+7.2%より少し悪い数字でした。ちなみに7月は+7.5%でした。

つまり今回は消費者物価指数、生産者物価指数とも先月より下がったわけです。

中国の物価(%、国家統計局)

これは大変歓迎すべきニュースだと思います。

小売売上高

中国の8月の小売売上高は前年同期比+17.0%でした。これはコンセンサス予想と同じです。ちなみに7月は+17.2%でした。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

小売売上高は相変わらず弱いトレンドを示しています。このところの中国人民銀行による金融引締めが影響しているものと思われます。

鉱工業生産高

中国の8月の鉱工業生産高は前年同期比+13.5%でした。これはコンセンサス予想の+13.7%より悪い数字でした。ちなみに7月は+14.0%です。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

このところ中国の鉱工業生産高は+13.5%前後で横ばいを続けています。

利上げプレッシャーは和らいでいる

以上の経済指標から中国の金融引締め効果が数字に表れ始めていることが見て取れます。

世界経済が再び減速しているという認識が最近広がっており、原油価格もザックリと調整しました。新興国の中では既にブラジルが利下げへと転じています。

従って中国も金利政策の転換点にさしかかっていると考えるべきでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに