現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第256回 インドネシアの投資機会

第256回 インドネシアの投資機会

2011年7月4日

今日のまとめ

  1. アジア通貨危機の苦い教訓を生かし手堅い経済運営
  2. 政府の借金を圧縮、財政規律も良い
  3. 一次産品の輸出が好調で経常収支も安定
  4. インフレの鎮静化は投資家を安心させる

アジア通貨危機の教訓を生かしたインドネシア

タイのバーツ危機に端を発した1990年代のアジア通貨危機はインドネシアにも波及し大きな経済の混乱をもたらしました。インドネシアはその時の苦い教訓を生かし、世界のどの新興国よりも経済の内容改善に努力しました。

まず政府負債のGDPに占める割合ですが下のグラフのように2006年の39%から2010年には26%まで圧縮されました。これにより政府税収から国債の利払いに回さなければいけない割合は2006年の46%から2010年には29%へと下がっています。

インドネシア政府の負債の状況(%、バンク・インドネシア)

この努力の甲斐あって2002年以降、S&P、ムーディーズらの格付け機関はインドネシアのソブリン格付けを繰り返し引き上げてきました。

財政収支はリーズナブル

インドネシアの構造的財政収支は下のグラフのようになっています。

インドネシア政府の構造的財政収支(GDPの%、2010年以降は予想、IMF)

赤字の年が多いですが赤字幅は他の新興国に比べれば小さく、2011年の予想はGDPの1.5%となっています。これは許せる範囲です。

経常収支は黒字

インドネシアは輸出市場で人気のあるいろいろな一次産品に恵まれているため経常収支は安定的に黒字です。

インドネシアの経済収支(GDPの%、2010年以降は予想、IMF)

好調な海外直接投資

こうした同国のファンダメンタルズの改善を受けて海外からの直接投資も好調です。

インドネシアへの海外直接投資(10億米ドル、バンク・インドネシア)

直接投資が実際にどのセクターに向けられているかを見ると不動産などのチャラチャラしいたセクターへの投資は少なく、鉱業など同国の競争優位に基づいた地道なセクターへの投資が中心であることがわかります。

インドネシアに対する直接投資(%、バンク・インドネシア)

インドネシアの経済成長

輸出の好調、政府の手堅い経済運営を反映し、インドネシア経済は極めて安定的に成長しています。

インドネシアのGDP成長率(%、バンク・インドネシア)

インフレも鎮静化の方向へ

懸念されたインフレも下のグラフのように鎮静化へと向かっています。

インドネシアのインフレ率(%、バンク・インドネシア)

総括すればインドネシアはアジア諸国の中でも際立った存在だと言えるでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに