現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第248回 中国の3月の経済統計

第248回 中国の3月の経済統計

2011年4月18日

今日のまとめ

  1. 中国の輸入・輸出とも大きく反発した
  2. 物価には依然上昇プレッシャーが働いている
  3. 先月のスローダウンは春節絡みの一時的要因だったことが確認できた

貿易統計

中国の3月の輸出は前年同期比+35.8%の1,522億ドルでした。また輸入は+27.3%の1,521億ドルでした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

2月の輸出が前年同期比僅か+2.4%と減速したため、これが春節(旧正月)による一時的な要因なのかどうか市場参加者の関心を呼びました。

今回の数字が急反発したことから、やはり2月の数字は春節による一時的なスローダウンだと結論付けて良いと思います。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

物価統計

中国の3月の消費者物価指数は前年同期比+5.4%でした。これは2月の+4.9%から若干加速しています。

3月の生産者物価指数は前年同期比+7.3%でした。こちらも2月の+7.2%からさらに加速しています。

中国の物価(%、国家統計局)

中国人民銀行は既に今回の物価統計発表前に預金金利と貸付金利を引き上げていますので今回の数字にはサプライズはありません。

依然としてインフレ懸念は払しょくされていないものの中国人民銀行のインフレ退治は最終局面に入りつつあると思います。

小売売上高

3月の小売売上高は前年同期比で+17.4%でした。

2月の数字が+15.8%にとどまり(おやっ?)と思わせましたが、下のグラフにあるように今回成長が或る程度戻ったので投資家は安心しています。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

鉱工業生産

3月の鉱工業生産は前年同期比で+14.8%でした。これは1&2月の+14.1%より加速しています。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

以上をまとめると2月に見られた一連の経済指標の悪化は春節に絡む一時的なものであり、中国経済が変調したわけではないことがおおむね確認できたと言えます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに