現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第247回 新興国の金融引き締め局面は近く終焉する

第247回 新興国の金融引き締め局面は近く終焉する

2011年4月11日

今日のまとめ

  1. 新興国株式が冴えなかったのはインフレ退治が優先したから
  2. 先進国が利上げサイクルに入ったので新興国は肩の荷が下りた
  3. 新興国株式ファンドへ資金が流入しはじめている

新興国株式市場が冴えなかった理由

去年から今年にかけてのBRICsのパフォーマンスはロシアを除けば期待外れでした。

2010年1月から2011年4月8日までのパフォーマンス(%、コンテクスチュアル・インベストメンツ)

その理由は先進国で実施されてきた低金利政策が新興国におけるインフレを誘発し、このインフレ退治のために新興国各国は相次ぐ利上げを余儀なくされてきたからです。つまり
先進国 = 緩和
新興国 = 引き締め
という構図になっていたのです。

転換期を迎える先進国の金利政策

しかし先週、欧州中央銀行(ECB)が政策金利をそれまでの1%から1.25%へと引き上げたことで先進国の金利政策は新しい局面に入ったと言えます。

アメリカに関しては6月に追加的量的緩和政策(=いわゆるQE2)が予定通り完了するものと予想されています。そして今年の10月頃からFRBがいよいよFFレートを引き上げ始めると市場関係者は見ています。

先進国の利上げは新興国株式にとってプラス

先進国の利上げは新興国株式にとってプラスです。

その第一番目の理由はこれまで新興国だけに任されていたインフレ退治の責務が先進国の中央銀行にも役割分担されることで、その分、新興国の中央銀行の重荷が取れるという事にあります。

二番目の理由は先進国が利上げサイクルに入ると先進国経済は鈍化し、投資家は次第にインフレではなく経済成長の欠如を心配しはじめると思うからです。

その場合、新興国の方が先進国よりGDP成長率が高いので「もう一度敬遠していた新興国を見直そう」という機運が高まると予想されます。

国際間の資金は既に逆流しはじめている

1月中旬以来インフレ懸念やイベント・リスクを嫌気して新興国株式ファンドからは資金が抜け出していました。

しかしここへきてようやく新興国株式ファンドに資金が戻り始めています。

新興国株式ファンドへの資金の流入(百万ドル、イー・ピー・アール・エフ)

それではどの市場に注目すれば良いのでしょうか?

私の考えでは先駆けしていたロシア市場よりインフレ対策に手を焼いてきた中国、インド、ブラジル、ベトナムなどの国々の方が「安堵のラリー」が期待できるように思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに