現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第242回 中国の2月の経済統計

第242回 中国の2月の経済統計

2011年2月16日

今日のまとめ

  1. 物価統計からは引き続き金融引き締めの必要が感じられる
  2. 新規融資は去年の1月に比べると少なかった
  3. 貿易統計では輸入の強さが目を引いた

物価統計

中国の1月の消費者物価指数は+4.9%でした。これは12月の+4.6%より高い数字ですが市場予想は下回りました。

一方、1月の生産者物価指数は+6.6%でした。これは12月の+5.9%より高い数字であるとともに市場予想を上回っています。

中国の物価(%、国家統計局)

なお食品価格は+10.3%で相変わらず食品インフレのプレッシャーが強いことが確認されました。

今回は消費者物価指数の計算の際の各要素の比重が変更されました。

具体的には食品の比重が2.21%減らされ、住宅の比重が4.22%増やされました。

一般にある国が豊かになるにつれ家計に占める食費の比率は低下することが知られています。従って今回の比重変更はそれに即したものだと評価出来ます。

この変更のため1月の消費者物価指数は実際より過小に報告されたことになります。

なお今回の統計はちょうど中国の旧正月の前にあたる時期なので特殊要因の影響を受けています。なぜならこの時期は食品価格が上昇しやすいからです。

加えて今年の冬は中国北部で水不足が顕著で小麦の減収が心配されています。

なお中国人民銀行は既に先週預金金利と貸付金利を0.25%引き上げ、それぞれ3.0%と6.06%にしました。

従って今回の物価統計のインパクトは既に株価には織り込まれていると考えられます。

ただ預金金利の3.0%に対して消費者物価指数が4.9%ということは銀行にお金を預けるよりコモディティなどに投資した方が有利であることを示唆しており未だ政策金利が低すぎることを意味します。

このため中国人民銀行は引き続き政策金利を引き上げてゆくものと予想されます。

銀行融資

1月の新規融資は1.04兆元でした。12月の4,810億元から大幅な増加となっています。市場予想は1.2兆元でした。

中国の銀行融資(10億人民元、人民銀行)

なお1月は旧正月の関係で例年新規融資が多くなりやすく前月との比較には意味はありません。

むしろ前年と比較する方が良いです。その点、今回の数字は過去2年の1月の新規融資額より小さい数字でした。

貿易統計

中国の1月の輸出は1507.3億ドルでした。これは前年同期比+37.7%です。

一方、1月の輸入は1442.8億ドルでした。これは前年同期比+51.4%です。

中国の輸出と輸入(10億ドル、中国税関総局)

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

輸入が増えた関係で貿易黒字は64.5億ドルに減少しました。

今年は旧正月が2月3日からだったので、去年の2月14日より早いスタートでした。
連休を前に輸入や輸出が1月に繰り上がったという特殊要因が1月の統計には含まれています。

2月はこの反動で輸入、輸出ともに成長のペースが鈍化することが予想されます。

中国と世界の各地域(EU圏、米国、日本、新興国)の貿易は軒並み30.5%~42%増加していますが、とりわけブラジルとの貿易が74.8%の増加を見ており極めて強かったです。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに