現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第241回 ベトナムのドン切り下げ

第241回 ベトナムのドン切り下げ

2011年2月14日

今日のまとめ

  1. 切り下げ幅が大きかったことは予想外だった
  2. 景気刺激策がもたらしたお金のだぶつきを早く取り除く必要がある
  3. 次にベトナムがしなければいけないことは利上げだ

市場の意表を突いた大きな切り下げ

先週金曜日にベトナムがドンを9.3%切り下げました。

今回の切り下げは去年から3回目ですから、切り下げが実施されたこと自体は余り新鮮味のあるニュースではありません。

しかし今回は一度に9.3%と特に切り下げ幅が大きかった事が市場関係者を驚かせました。

他のアジア諸国の通貨が軒並み強含む中で、なぜベトナムの通貨だけは弱いのでしょうか?

インフレ懸念

その最大の理由はインフレ懸念です。

上のグラフは去年の10月の時点でIMFが発表したアジア諸国のインフレ率予想ですが、現在のベトナムのインフレ率はグラフにある予想値を大幅に上回り、再び12%につっかけてきています。

アジア諸国のインフレ率(%、2009年以降は予想、IMF)

過去においてベトナムのインフレ率は8%を超えると手のつけられない高インフレになり、株式市場に大きな打撃を与えるという例がありました。

2008年の場合、インフレ率は瞬間的に23%まで上昇し、株式市場は2007年3月の高値、1,170から2009年2月には僅か235迄暴落しています。これは約80%の下落幅です。

ベトナムの庶民は自国通貨の購買力がインフレで目減りすることを恐れて、なるべくドルやゴールドに換金しようとしています。これが公式レートと闇レートの間で大きな乖離を生む原因となってきました。

また機関投資家が現地通貨からドルなどのハード・カレンシーに換金し、お金を引き揚げる際に、希望した金額の換金がすみやかに出来ないという問題も報告されはじめています。

問題の根源

それではなぜインフレがおこっているのでしょうか?

この背景にはリーマン・ショックで世界の景気見通しが悪化したとき、ベトナム政府が積極的な景気刺激策を打ち出したことがあります。

このときベトナム政府はGDPの5%にも相当する巨大な刺激策を発表しました。これが功を奏して同国のGDP成長率は大きく落ち込まずに済みました。

しかし余り景気を刺激し過ぎたために2009年の信用創造が前年比で+40%にもなってしまったのです。

カネ余りは消費を刺激するのでどんどんモノが売れます。それらの少なからぬ部分は輸入品ですので経常収支は赤字に傾きます。

アジア諸国の経常収支(GDPの%、2009年以降は予想、IMF)

ベトナムの経常赤字はGDPの10%に迫る水準であり、これはたいへん危険な水準です。

経常収支が赤字に傾き始めると外貨準備も減り始めます。

ベトナムの外貨準備(10億ドル、2008年以降は予想、IMF)

外貨準備が減り始めるとそのトレンドを喰いとめるために通貨を割安に導かなければいけなくなります。

経済をスローダウンさせることが唯一の解決法

自国通貨が割安になれば輸出競争力は増し、逆に輸入品の価格は上昇するわけですから輸入品の消費は抑えられます。

そうやって再び輸出と輸入のバランスを取り戻し、ゆっくり外貨準備を積み上げてゆく他に解決法はありません。

さて、今回のドンの切り下げは輸入品価格の上昇を招きますのでインフレ助長要因となります。

従って次にベトナム政府がやるべきことは利上げです。

利上げすると景気が悪くなりますが、いまベトナムにとって必要なことは身の丈以上の高水準の消費を維持することではなくて一度通貨を切り下げ、さらに利上げしてインフレの息の根を止めてから、ゆっくり輸出主導型で経済を立て直すことなのです。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに