現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第230回 中国の利上げをどう受け止めるか?

第230回 中国の利上げをどう受け止めるか?

2010年10月20日

今日のまとめ

  1. 中国が預金金利と貸付金利をそれぞれ0.25%利上げした

  2. 普通、利上げサイクルが始まると1回では済まない

  3. 必ずしも株式にとってマイナスだとはいえない

予期せぬ利上げ

中国人民銀行が1年物金利を次のように利上げしました。

 
レンディング・レート(貸付金利) 5.31% 5.56%
デポジット・レート(預金金利) 2.25% 2.50%

中国が利上げする理由は不動産セクターにおけるバブルを喰いとめるためと、世界的な超低金利が穀物などの価格にインフレとして跳ね返ってくることによる食品価格の高騰を防ぐことにあります。

予期せぬ利上げ

通常、中国人民銀行が利上げをはじめたら、それが一回で終わることは稀です。今後も時期を見て追加の利上げをしてくることは間違いありません。

ただ利上げのピッチはそれほど急にはならないと私は考えています。その理由は過去の中国の消費者物価の変動幅と預金金利の変更をみると預金金利の変更幅の方がマイルドだからです。

たとえば前回の金利上昇サイクルである2006年から2008年にかけての動きを見ると消費者物価指数が約1%の水準から8%を超える水準に駆け上がった一方で、預金金利は同時期に2.25%から4%を超える水準にまでしか引き上げられなかったのです。

逆にリーマン・ショック以降、消費者物価指数がマイナス圏に突っ込んだ以降も貸付金利は実質的なフロアー(底)である2.25%にずっと張り付いたままでした。

中国の預金金利と消費者物価指数(%、国家統計局)

9月の消費者物価指数は木曜日に発表される予定ですが、コンセンサス予想は+3.6%となっています。

理屈をこねれば銀行に預けておいても2.5%しか金利がつかない一方で消費者物価指数が+3.6%で上昇してゆくのなら「銀行にお金を預けるのは損」ということになります。

しかし中国では過去にもこのように物価と金利が乖離するケースは常態化していたので、これだけの理由で「預金金利が3.6%になるまで利上げが続かなければいけない」と結論付けることはできません。

株式市場に対する中・長期での影響

さて、今回の利上げが株式市場に対して与える影響ですが、数か月から1年単位でものごとを考えた場合、利上げサイクルの始まりは別に株式にとってマイナスではありません。(利上げ局面の最終的な仕上げ段階ではリスクは増加します。)

株式市場に対する短期的な影響

次にごく目先の相場を考えた場合、利上げによる中国経済の減速を懸念して工業コモディティなどを中心に利食い売りが出ることも考えられます。

欧米の投資家がリスク・トレード(ゴールド、鉱業関連、新興国株式など)を若干減らし、本国市場に資金を戻す動きもある程度出るかも知れません。その場合はこのところ調達通貨となっていたドルが買い戻されるというシナリオもあるでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに