現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第226回 中国の8月の経済統計

第226回 中国の8月の経済統計

2010年9月13日

今日のまとめ

  1. 物価トレンドは安定している

  2. 鉱工業生産の成長率鈍化のトレンドに終止符

  3. 小売売上高は安定的に拡大

  4. 輸入の前年同期比変化率がアップティックしている

物価統計

中国の8月の消費者物価指数(CPI)は+3.5%でした。これは7月の+3.3%より少し加速しています。消費者物価が上がっている主因は食品価格の上昇プレッシャーです。その食品価格は天候不順や洪水などの一時的な要因に影響されている面もあります。一方、生産者物価指数(PPI)は+4.3%と7月の+4.8%より下がりました。全体としては急激な利上げなどは必要ない数字と言えます。

中国の物価(%、国家統計局)

鉱工業生産

8月の鉱工業生産は+13.9%と7月の+13.4%より加速しました。またコンセンサスの+12.9%よりかなり強い数字でした。今年の年初来の成長の鈍化のトレンドに終止符が打たれました。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

銀行融資

8月の新規融資額は5,452億人民元でした。これは7月の5,238億人民元より少し多かったです。

中国の銀行融資(10億人民元、人民銀行)

小売売上高

8月の小売り売上高は+18.4%で7月の+17.9%より加速しました。

中国の小売売上高(前年同期比%、国家統計局)

貿易統計

8月の輸出は+34.4%の1,393億ドルでした。これは市場予想とほぼ一致しました。8月の輸入は+35.2%の1192.7億ドルでした。これは市場予想を大幅に上回っています。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

輸入の前年同期変化率を見ると最近のトレンドはずっと鈍化傾向でした。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

しかし今回は久しぶりに輸入の前年同期比変化率がアップティックしています。中国の輸入はおおまかに言って3分の1が原料、3分の1が部品など加工組み立てして再輸出される仕掛け品、残りの3分の1が国内で最終的に消費される完成品輸入です。つまり少なからぬ部分が将来の再輸出のための「仕込み」に使われるわけです。従って輸入の伸びは将来の輸出の伸びを見込んだものであり、これは中国経済の自信の表れと取って良いでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに