現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第223回 中国の7月の経済統計

第223回 中国の7月の経済統計

2010年8月11日

今日のまとめ

  1. 輸入が予想外に少なかった

  2. インフレは峠を越えた

  3. 小売売上高の伸びには若干不安を感じる

貿易統計

中国関税当局によると7月の輸出は1,455億ドル、輸入は1,168億ドルでした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

輸出から輸入を差し引いた貿易黒字額は287億ドルでした。

7月は輸入額の足踏みが投資家の目をひきました。下のグラフは前年同期比の変化率を示したものです。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

輸入は将来の輸出の先行指標であると考えられています。その輸入のペースが鈍化しているということは将来、輸出も鈍化することを示唆しています。

なお地域別の輸出で注目された欧州市場ですが、7月もぜんぜん衰えを見せませんでした。ユーロ安の影響は結局殆ど無かったということになります。

物価統計

次に7月の消費者物価指数は+3.3%でした。一方、生産者物価指数は+4.8%でした。消費者物価指数は食品のインフレ圧力が引き続き感じられた為、6月の+2.9%より増えています。生産者物価指数は下のグラフでもわかるように明らかに峠を越えています。

中国の物価(%、国家統計局)

鉱工業生産

7月の鉱工業生産は+13.4%でした。6月の+13.7%より低い数字でしたがどうやらこのへんの水準で落ち着きそうな気配も感じられます。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

小売売上高

7月の小売り売上高は+17.9%でした。前年同期の変化率は鈍化しつつあります。

中国の小売売上高(前年同期比、%、国家統計局)

まとめ

中国政府はインフレの抑制に成功したように見えます。輸入額が予想より少なかった事は景気の減速がエコノミストの予想よりかなり進行していることを感じさせます。小売売上高の成長率の鈍化はこれから内需への依存を高める必要のある中国としては少し不安を感じさせます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに