現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第216回 最近のインド経済

第216回 最近のインド経済

2010年6月14日

今日のまとめ

  1. インド経済はリーマン・ショックからすぐに立ち直った

  2. 物価の上昇リスクがある

  3. ユーロ安でITアウトソーシング企業の業績は悪化する危険性がある

  4. 上場維持基準の変更で一部企業は増資を迫られる

最近のインド経済の状況について述べます。

GDP成長率

インド準備銀行は2009-2010年度のGDP成長率として7.5%、2010-2011年のGDP成長率として8.0%を予想しています。なお2010-2011年のGDP成長率の予想は上方修正される可能性が高いとしています。

インドのGDP成長率(%、インド準備銀行

インド経済は比較的閉じており、リーマン・ショックの後遺症も比較的軽かったです。

鉱工業生産

2010年2月の鉱工業生産は+15.1%と1月の+16.7%、去年12月の+17.6%より少し減速しています。

貿易

インドの輸入は金融危機後11カ月連続して減少した後、2009年11月に+2.6%と上向きはじめ、2009年12月には+32.4%、2010年1月には+35.5%、2月には+66.4%と急激なペースで拡大しています。
一方、輸出の方も金融危機後12カ月連続して減少した後、2009年10月以降増加に転じています。

インフレ

インド経済は順調に拡大していますがインフレ圧力はいろいろな方面に現れつつあります。
卸売物価指数は2009年9月に+0.5%の増加を見た後だんだん騰勢を増し、2010年3月には+9.9%にまで加速しています。インド準備銀行のターゲットは+8.5%なので現在のペースは好ましくありません。なおインフレの中身についてはここ数カ月でかなり変化が見られ、食品価格が季節要因で騰勢に衰えを見せた点が指摘できます。一方工業製品の値上がりについては生産者の価格決定力が強まっており、今後インフレが悪化する危険性もあります。

インドの卸売物価指数(%、前年同期比、2010年3月以降は予想、インド準備銀行

金融政策

インド準備銀行の現在のスタンスは:

  • レポ・レート5.25%(最近引き上げられました)
  • リバース・レポ・レート3.75%(最近引き上げられました)
  • キャッシュ・リザーブ・レシオ6.0%(最近引き上げられました)

となっています。

株式市場の話題

インド株式市場の話題としては先ず最近のユーロ安で欧州の売上比率の高いITアウトソーシング企業の業績に不安が出ています。これは逆に言えばユーロ不安が収まればそれらの銘柄が見直される可能性があるという風にも言えます。

代表的なITアウトソーシング企業にはインフォシス(ティッカー:INFY)、ウィプロ(WIT)、パトゥニ・コンピュータ・システムズ(PTI)、サティヤム(SAY)、WNSホールディングス(WNS)などが挙げられます。

次にインド財務省が上場維持基準を変更したことも話題になりました。具体的には一般株主に流通する浮動玉が発行済み株式数の25%に満たない企業はすみやかに新株を発行するなどして株式の流動性を維持しなければいけないというルールです。

実際にはこのルールに抵触する企業の大半は政府系の公共セクターの企業です。しかし一部の民間企業はこのルールにひっかかります。ADRの出ている企業の中ではウィプロ(WIT)がそれに相当します。このため上場維持のための公募など、株式の需給が悪くなるリスクを抱えていると言えるでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに