現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第212回 中国の4月の貿易統計

第212回 中国の4月の貿易統計

2010年5月11日

今日のまとめ

  1. 4月の貿易統計は無難な数字だった

  2. 貿易黒字幅が恒常的に狭まるかに注目

  3. 欧州向け輸出は今のところ好調だが、今後の変化に注意

  4. 輸入のモメンタムが今後落ちるようだと再び下降サイクル入りも

4月の貿易統計

中国の4月の貿易統計が発表されています。輸出は1199億ドル、輸入は1182億ドルでした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

貿易収支は再び黒字となり、16.8億ドルを記録しました。3月の貿易収支が過去6年で最初の赤字となり-72.4億ドルを記録した後ですので4月の数字の黒字への復帰は正直なところ中国ウォッチャーを安堵させています。

上のグラフからも読み取れる事ですが以前は中国の輸出は輸入を軽々上回り、貿易黒字が定着していました。しかし最近では2つの線が重なってきています。

まだ2カ月程度ではこれを新しいトレンドだという風に判断するのは早計だと思いますが、再び昔のような輸出が大幅に輸入を上回る構図に戻るかどうか、たいへん興味深い局面にさしかかってきていると言えます。

先月のレポートで輸入が先行し、タイムラグを伴って輸出が回復する仕組みを説明しましたが、4月も基本的にはそのパターンを踏襲して輸出の伸びが輸入の伸びに追いついてきている様子が下のグラフからも読み取れます。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

このように過去数カ月を見る限りでは中国の貿易不均衡は改善したかのように見えます。これは人民元切り上げの政治的なプレッシャーが弱まることを意味します。

このところ欧州ではPIIGS(ポルトガル、アイルランド、イタリア、スペイン、ギリシャの略)問題などの影響で景気の先行きが懸念されています。

しかし貿易統計を見る限りでは1~4月のユーロ圏への輸出は前年同期比で30%成長しており、これはアメリカ向け輸出より早い拡大ペースです。今後も欧州向け輸出の成長ペースが維持できるかどうかに注目したいと思います。

最後に前年同期比で見た輸入の伸び率が再び鈍化しているように上のグラフからは読み取れるのですが、これが再び中国の経済活動が下降サイクルへ入っていこうとしている前兆なのかどうかにも注意を払いたいと思います。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに