現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第208回 中国株の需給問題

第208回 中国株の需給問題

2010年4月5日

今日のまとめ

  1. 銀行株の増資は将来を見越した良い指導

  2. 各行に課せられた調達ノルマは重い

  3. 調達ラッシュをどうやりくりするかに注目

転ばぬ先の杖

中国の不動産市場がバブルかどうか? という問題が最近話題になっています。

そういう巷での議論には目もくれず中国政府はまっしぐらに一連の措置を講じています。既に銀行融資の抑え込みに入っていますし、不動産購入時の頭金の比率を引き上げるなど、深慮ある政策が次々に打ち出されています。

そうした政策の中でも特に評価できるものが、銀行の体力が充実している今こそ、大型増資をして雨の日に備える絶好のチャンスだという銀行監督当局の考え方です。

インベストメント・バンキングの世界では「増資はお金が必要になってから慌ててやるものではなく、先々を見越して有利に資金調達出来るときに済ましておくべきだ」という鉄則があります。

その意味では現在の中国はまさしく教科書通りの模範的なものだと言えます。

半端じゃない増資必要額

問題は各行が指示された増資必要額が途方もない大きな金額であるという点です。

下のグラフは既に発表されている各行の資金調達計画をまとめたものですが、既に第三者割当などで増資を完了するメドがついた銀行は除いてありますし中位行以下のこまごました増資案件も省略しました。

また転換社債による調達と普通株式による増資は銀行ごとにひとつにまとめてあります。実際にはこれらの増資は上海のA株市場だけで行われるのではなく、香港のH株市場でも行われます。おおまかに言えば2:8くらいの比率で香港での調達の方が多くなるでしょう。

中国の主な銀行の増資計画(10億ドル、コンテクスチュアル・インベストメンツ)

緑のグラフはIPO(新規公開株)を示しています。比較のために去年、ニューヨークとサンパウロでIPOされたサンタンデール・ブラジル(BSBR)も載せておきました。

サンタンデール・ブラジルのIPOは80.4億ドルを調達したわけですが、これはブラジルで過去最大のIPOだったばかりでなく、去年のアメリカでのIPOとしても最大でした。ちょうどリオデジャネイロ五輪誘致が決定した直後にIPOのマーケティングがキックオフした関係でブラジル市場が人気の絶頂だったときに値決されましたが、さすがに大型のIPOでしたので、その後、市場の需給関係を崩す一因になったと言わざるを得ません。

工夫が必要

さて、中国の銀行セクターの資金調達計画はざっと分かっているものだけを足し上げても軽くサンタンデール・ブラジルの調達した金額の10倍になります。中でも今年年末にIPOされる可能性が強いと云われている中国農業銀行は290億ドルという大型案件です。このディールを円滑に値決めするためには他のディールと公募時期が重ならないように交通整理する必要がありそうです。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに