現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第205回 中国の2月の貿易統計

第205回 中国の2月の貿易統計

2010年3月11日

今日のまとめ

  1. 中国の2月の貿易統計は無難な数字だった

  2. 金融危機以前のペースに戻ることは可能

2月の貿易統計

中国の2月の貿易統計が発表されました。輸出は945.2億ドル、輸入は869.1億ドルでした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

1月、2月は例年、春節がどの時期に来るかで統計がブレやすいです。従って1月と2月の合計の数字を去年の同期と比べた方が実情をよく把握出来ると思います。

今年1~2月の輸出は2040億ドルで去年の1~2月より+31.4%の増加、一方今年1~2月の輸入は1823億ドルで去年の1~2月寄り+63.6%の増加となりました。

なお、去年の同期との変化率を比較したグラフは下のようになります。

中国の輸入(赤)と輸出(青)の前年同期比変化率(%、中国税関総局)

金融危機以前の中国の輸入と輸出の伸びは大体、前年同期比+20~30%の範囲内に収まっていたことを考えるなら、現在の回復のペースはまずまず合格であると言えるでしょう。

1~2月の貿易黒字は前年同期から50.4%縮小し217.6億ドルになりました。

地域別ではEUとの貿易は+34.5%の655.3億ドル、米国との貿易は+25.1%の493.2億ドルでした。アセアン諸国との貿易は+66%の391.2億ドルとなっています。これはアセアン諸国が日本よりも金額的に大きくなったことを示唆します。

今回の貿易統計から予想できることは今年の輸出ならびに輸入の伸びは少なくとも金融危機以前の水準、つまり前年同期比で+20~30%を達成できるに違いないということです。

人民元の切り上げに関しては輸出がそれにより落ち込むという見地から中国国内では根強い反対意見があります。しかし一応巡航速度の輸出成長が達成出来ていることから「少しぐらいの人民元の切り上げをしても輸出には悪影響は無いだろう」という考えが次第に勢力を増すことが予想されます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに