現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第195回 中国の11月の経済指標

第195回 中国の11月の経済指標

2009年12月14日

今日のまとめ

  1. 貿易に関しては希望が持てる数字だった

  2. むやみな景気刺激一辺倒からより制御の効いた経済政策へ転換

  3. 内需は期待外れ

戻った輸入

中国の11月の輸入は去年の同期に比べて+26.7%の上昇を見ました。これは市場関係者の予想より良い数字ですし、10月の落ち込みを挽回する動きでした。

中国の輸入と輸出(10億ドル、中国税関総局)

中国の場合、加工輸出型経済なので、まず原材料を輸入し、それを加工してから輸出するという順番になります。このため輸入増加は将来の輸出増加の先行指標と言えます。

その輸出ですが去年の同期に比べて-1.2%の位置にとどまっています。輸入が既に去年に比べて大きく増えているのに輸出が未だモタモタしている理由は上に書いた遅行性に加え、そもそも去年の金融危機の際に中国の輸入がひと足先に急落したという事情によります。

急上昇した鉱工業生産

次に11月の鉱工業生産ですが、+19.2%と過去2年以内で最も大きな伸びを示しました。これはコンセンサス予想の+18.2%を遥かに超える数字でした。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、3カ月移動平均、中国国家統計局)

この数字は前年同期との比較になりますので、経済活動が鈍り始めたリーマン倒産以降の前年比較は容易になります。

銀行融資は低い水準で安定

一方、11月の銀行融資は2,948億人民元でした。アナリストの予想は2,500億人民元でした。

中国の銀行融資(10億人民元、人民銀行)

銀行融資は経済の過熱を抑制する観点からかなり厳格にコントロールされはじめています。

物価のトレンド

11月の消費者物価指数は+0.6%で、1月以来、はじめてプラス圏に入りました。その中でも注目度の高い食品価格は悪天候などの要因から+3.2%となっています。

中国の物価(%、中国国家統計局)

小売売上のトレンド

11月の小売売上高は+15.8%にとどまりました。これはコンセンサス予想の+16.5%より低い数字でした。

中国の小売売上高(前年同期比%、中国国家統計局)

内需振興を掲げている割には期待外れな数字と言えるでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに