現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第184回 中国の8月の経済指標

第184回 中国の8月の経済指標

2009年9月14日

今日のまとめ

  1. 8月の経済指標は市場参加者の懸念を払拭するものだった

  2. 唯一の問題点は貿易が引き続き低調だったことである

概ね良好だった8月の経済指標

中国の8月の経済指標は先月の統計よりも内需の加速を示すものが多く、市場参加者を安心させるものでした。

1月から8月の都市部における固定資産投資は+33%で、市場予想を若干上回りました。また1月から7月までの固定資産投資が+32.9%だったことから8月のペースはピックアップしていると言えます。

8月の鉱工業生産は+12.3%と7月の+10.8%より大きく改善しました。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、中国国家統計局)

8月の小売売上高は+15.4%でした。これは7月の+15.2%より高い数字でした。

中国の小売売上高(前年同期比、%、中国国家統計局)

次に物価に目を転ずると消費者物価指数は前年同期比▼1.2%、生産者物価指数は前年同期比▼7.9%と相変わらずインフレを感じさせない数字となっています。

中国の物価(%、中国国家統計局)

さて、人民銀行によると8月の人民元建て銀行融資は4,104億人民元で、7月の3,559億人民元より多い数字でした。これはポジティブ・サプライズでした。

中国の銀行融資(10億人民元、人民銀行)

唯一の懸念点は貿易です。輸出は前年同期比で▼23.4%ですが7月に比べると+3.4%でした。(なお7月は6月に比べて+5.2%でした。)

輸入は前年同期比で▼17%であり、7月に比べると+1%でした。(なお7月は6月に比べて+3.5%でした。)

これらのことから貿易に関しては基調としては改善途上にあるけれど、回復のモメンタムは先月より鈍化していると言えると思います。

結論的には中国経済は先月同様、しっかりした足取りを辿っていると言えます。しかし貿易の回復が遅々として進まないことから、引き続き緩和的な金融政策に依存するかたちになっていると言えるでしょう。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに