現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第181回 中国の7月の経済指標

第181回 中国の7月の経済指標

2009年8月12日

今日のまとめ

  1. 今月から中国国家統計局はまとめて経済指標を発表することになった

  2. 7月の経済指標は中国経済がちょうど良い状態にあることを示唆している

中国国家統計局が記者会見を定例化

これまで中国国家統計局は大体各月の中頃にバラバラに数字を発表していました。しかし今月からなるべく一回にまとめて指標を発表する方法にすると発表しました。そして記者会見を持ち、質疑応答の時間を設けることにしました。これは中国の経済統計の透明性、信頼性を少しでも改善しようとする当局の前向きな姿勢のあらわれとして評価できると思います。

7月の経済指標

7月の都市部における固定資産投資は+30%と6月の+35%から減速しています。1月から7月の通算では+32.9%で、去年の1~7月に比べて5.6パーセンテージ・ポイント高い数字となっています。

7月の鉱工業生産は+10.8%と6月の+10.7%より若干改善しました。

中国の鉱工業生産(前年同期比、%、中国国家統計局)

7月の小売売上高は+15.2%でした。これは先月より0.2%高い数字でした。

中国の小売売上高(前年同期比、%、国家統計局)

物価に目を転ずると消費者物価指数は前年同期比▼1.8%、生産者物価指数は前年同期比▼8.2%といずれもインフレの兆候をまったく感じさせない数字になっています。

中国の物価(%、国家統計局)

国家統計局以外の発表する経済指標

さて、人民銀行によると7月の人民元建て銀行融資は3559億人民元と6月の1.53兆人民元から大幅に抑え込まれました。

中国の銀行融資(10億人民元、人民銀行)

一方、7月の輸出は6月に比べて+5.2%、同じく輸入は+3.5%と、両方とも改善基調にあります。

理想の状態にある中国の経済運営

これらのことをまとめると中国の経済の状態はちょうど良い具合で回復しつつあり、今のところは大きな政策の手直しは必要ないと思います。ただ、不動産や株式などの資産価値の上昇は将来バブルを生ずる可能性があります。バブルを未然に防ぐ方策の一つとして現在レッドチップとして香港で上場されている中国企業を本土へ誘致し、株式の供給を増やすことでA株市場を冷やす準備が進められています。これはレッドチップの再評価を促すきっかけになる可能性があります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに