現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」 > 第162回 「次のリーダーシップ銘柄に関する考察」

第162回 「次のリーダーシップ銘柄に関する考察」

2009年4月6日

今日のまとめ

  1. 次の相場のリーダーはベア・マーケットの最中に頭角を現す
  2. 知的所有権価値の高い銘柄が上位を占めている
  3. ネット・携帯関連が多い

次の相場の先導役は往々にしてベア・マーケットでも新値を取る

今日はテクニカル分析の話をします。なにもチャートの事を扱うだけがテクニカル分析ではありません。セクター・ローテーションや日柄(ひがら=どのくらい休養しているか)について考えることも広義でのテクニカル分析です。欧米の投資家に広く信じられている考え方として:

次の相場のリーダーシップはベア・マーケットの最中にすでに頭角を現している

というのがあります。もう少し厳密に言えば現在のように世界の株式市場が新安値あたりをウロウロしている状況の中で上場来高値とか過去5年くらいの最高値を窺っているような元気の良い銘柄がこの定義に当てはまると思います。理想的にはそれらの、流れに逆行して値段を切り上げている銘柄群に共通するテーマなりストーリーが見つけ出せれば、それが即ち次のリーダーシップだという風に認識することができるでしょう。

世界の株式市場を見回してみれば…

さて、世界の株式市場を見回してみると今新値を取っている、ないしは限りなく新値に近いところにつけている銘柄というのはたいへん少ないです。新興国の国別で言えばテバ・ファーマシューティカルズ(イスラエル/米国)を除けば中国関連しか無いと言い切って良いでしょう。以下は網羅的なリストではありませんが、目についた銘柄だけを列挙したものです。

指標 現在値 高値までの%
BYD 01211 18.19%
騰訊控股 00700 21.12%
香港電燈 00006 16.99%
台湾セミコンダクター TSM 16.33%
シャンダ・インタラクティブ SNDA 2.61%
ネットイーズ NTES 新値
テバ・ファーマシューティカルズ TEVA 9.90%

共通点はあるか?

さて、これらの銘柄に共通する点はあるでしょうか?ディフェンシブ(=不況に強いこと)な業種に属する香港電燈を除けば、いずれもハイテクなどの知的所有権価値の高い業種であることが指摘できます。

また商売上の支払い条件という観点からはいずれも集金に困らない企業ばかりだという共通点が浮かび上がってきます。それは見方を変えれば価格プレッシャーが限定的という風にも言えるかと思います。

台湾のハイテク産業が極端な輸出不振に陥っている中で台湾セミコンダクターが新値を狙う位置につけていることは意外です。同社はモバイル・デバイス絡みのチップの受注が好調です。中国における3Gのロールアウトも需要喚起要因のひとつですし、アメリカにおけるスマートフォンの好調も後押ししています。その意味では台湾セミコンダクターも騰訊控股、シャンダ・インタラクティブ、ネットイーズなどと並んでConnected world(インターネットを通じて常に「つながった」暮らし)関連銘柄だと言えます。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに