円、全面安。ドラギ総裁発言で、ユーロ円は10ヵ月ぶり高値。

2017年06月28日

昨日(2017年06月27日)の動向

この日はユーロが大きく動きました。ドラギ総裁はこの日講演を行い、「景気回復が見通し通りに進むならば、ECBは金融緩和策の一部を撤廃できるだろう」との見解を示しました。

1.12ドル前後で取引されていたユーロ/ドルは、この発言を受けて1.125ドルを上に抜けると、一直線に上昇を続け、昨年8月23日以来の高値となる1.1349ドルをつけました。またユーロ/円も、昨年4月1日以来となる127.48円まで大幅上昇。

ドラギ総裁は、ECBの利上げ時期など具体的な内容には触れませんでしたが、欧州景気回復に対する自信が伝わり、また以前の発言に比べてハト派姿勢が後退したことをマーケットは前向きに受け取りました。

ポンド/ドルもユーロ/ドルに連れ高となり、一時1.2860ドルまで上昇。ポンド/円は、円安が進んだこともあり今月の高値となる144.21円まで買われ、英総選挙で下げた分以上を取り戻しました。

この日はカーニー総裁の発言も伝わりましたが、マーケットの反応は限定的でした。カーニー総裁は、将来金融引き締めの必要性が生じた時は利上げよりもマクロプルーデンス政策をするという考えを示しました。

米ドル/円は東京時間に、ついに112円台にのせたものの、このときの滞空時間は短く、111.45円まで下押し。しばらく111.80円近辺で膠着状態が続きましたが、イエレン議長の講演に対する期待から、NY時間になって再び112円に乗せると112.47円まで高値を更新しました。終値は112.358円(前日比0.497円)。なお、注目を集めていたイエレン議長ですが、利上げ見通しなどについての具体的な発言はなく、マーケットの反応はありませんでした。

2017年06月27日のBID値 始値 高値 安値 終値
米ドル/円 111.838 112.479 111.456 112.358
ユーロ/円 125.065 127.480 124.742 127.415
豪ドル/円 84.807 85.327 84.781 85.198

米ドル/円 1時間チャート

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日(2017年06月28日)の展望

【米ドル/円】

レジスタンスは113.15円(2017年05月17日高値圏)、サポートは 111.45円(2017年06月27日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
米ドル/円 113.15 113.80 111.45 110.60

米ドル/円 5分足チャート

米ドル/円 5分足チャート

【ユーロ/円】

ユーロ/円のレジスタンスは128.25円(2016年03月31日高値圏)、サポートは 124.70円(2017年06月28日安値圏)です。
ユーロ/ドルのレジスタンスは1.1366ドル(2016年08月18日高値圏)、サポートは 1.1175ドル(2017年06月27日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
ユーロ/円 128.25 130.90 124.70 124.00

ユーロ/円 5分足チャート

ユーロ/円 5分足チャート

【豪ドル/円】

レジスタンスは85.95円(2017年03月22日高値圏)、サポートは 84.75円(2017年06月27日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
豪ドル/円 85.95 87.50 84.75 83.70

豪ドル/円 5分足チャート

豪ドル/円 5分足チャート

本日(2017年06月28日)の主な指標

重要な経済指標の発表はありません。

経済指標はこちら

当資料は投資判断の参考情報として提供しており投資勧誘を目的としていません。投資の最終決定はご自身でご判断ください。楽天FXで取引するには委託証拠金の差入れが必要です。取引手数料は無料ですが、各通貨ペアごとに異なるスプレッドがかかります。実際の取引では少額の委託証拠金でその額を上回る額の取引を行うことができ、そのため、差入れた委託証拠金を上回る大きな損失が発生する恐れがあります。