現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第502回「どこで相場に乗るか?トレンド相場の期待値とエントリーポイント」

「外為市場アウトルック」一覧へ

2017年5月11日

第502回「どこで相場に乗るか?トレンド相場の期待値とエントリーポイント」

順張り取引の期待値は?相場のエントリーポイントはどこか?

今年のここまでの相場は度々申し上げている通り、「7の年の循環」や「大統領選挙翌年の平均サイクル」に沿って動いている。NYダウは4月下旬から上がる軌道になっているが、現在の日足相場の買いトレンドは、標準偏差の形状をみてもそれほど強くはない。しかし、短期のトレーディングという観点からは、トレンドが循環的に発生するという順張り派のトレーダーにとっては良好な相場が続いている。

NYダウCFD(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

NYダウCFD(1時間足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

NYダウと<7の年の平均サイクル>(ラリー・ウィリアムズ作成)

今年のここまでのNYダウは概ね7の年の循環で動いている

(出所:「ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017」ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店掲載許可をとって掲載)

米大統領選挙翌年のパターン

(出所:「ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2017」ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店掲載許可をとって掲載)

さて、読者の皆さんはすでにお気づきになっていると思うが、今回のレポートに掲載しているチャートには、黄色い丸でかこっている部分がある。これが筆者の<相場にエントリーするポイント>だ。

筆者のメインの取引手法である<標準偏差ボラティリティトレード>の概要は以下の通りである。

<標準偏差ボラティリティトレードの概要>

パラメータ21のボリンジャーバンドを表示させる
(株式インデックスは±0.6シグマ・通貨は±1シグマ)

パラメータ26の標準偏差を表示させる

  • トレンドの発生(保ち合い離れの判定方法)
    標準偏差が上昇しはじめた時
  • 新規建玉のポイント
    エントリー(新規注文)は相場がボリンジャーバンド±1シグマ(株式インデックスは±0.6シグマ)の外に飛び出した時
  • 損失を限定しつつ利益を伸ばす手仕舞いのポイント
    手仕舞い(エグジット)は相場がボリンジャーバンド±1シグマ(株式インデックスは±0.6シグマ)の内側に入った時

今回のチャートには標準偏差以外に2種類のADXが表示されている。トレードにエントリーするうえで重要なのは、チャート下段のADX(8)、ADX(14)、標準偏差ボラティリティ(26)の3本のラインが一緒に上がっている局面(丸で囲った黄色い部分)を狙うことだ。3本のラインが一緒に上がっている局面はトレンドが大きくなる可能性を秘めている。

現在、NYダウやS&P500よりも明確なトレンド相場となっているのは、ナスダックと日経平均であろう。日経平均は久々の買いトレンド相場になっている。

S&P500CFD(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ナスダックCFD(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

日経平均CFD(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

米国株(個別株)の標準偏差ボラティリティトレードも好調だ。以下の銘柄は、筆者の関係する株式ファンドが抽出した<キャッシュフロー計算書に根拠を置く有望な米国の個別株>である。現在、この株式ファンドが抽出した銘柄群をスイング・トレードしている。筆者の周辺の投資家には「7の年の循環」から、4月中に以下の銘柄を仕込んでおくことを推奨していたが、5月相場できれいな買いトレンドが発生した。

アドビシステムズ(日足)ADXベースの怒涛のトレンド相場
上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

バイエル(日足)
上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

アルファベット(日足)
上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ

(出所:ストックチャーツ)

標準偏差ボラティリティトレードは最適化をしない売買手法で、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能である。上記の例のように筆者は個別株の売買にも使っている。

円売り相場継続か、それともドル買い相場に転換か?

4月以降の円相場の動きは円安相場であり、ドル高相場ではなかった。ユーロ/ドルの動きに代表されるように、ドルインデックスは下落していたからである。運用者の間では、これまでの円安相場(円売り相場)から、ドル高(ドル買い)相場に転換するのか否かに注目が集まっている。

ドルインデックス(ドル指数)は、総合的なドルの価値を示した指数で、ユーロ57.6%・円13.6%・ポンド11.9%・カナダドル9.1%・スウェーデンクローネ4.2%・スイスフラン3.6%で構成されている。

現在、ユーロ/ドルやポンド/ドルの日足の買いトレンド相場はピークアウトしており、豪ドル/ドルの日足は売りトレンド相場になっている。ドルと逆相関関係にあるゴールドの日足にも売りトレンドが発生している。

ユーロ/ドル(日足) ユーロ買いトレンドはピークアウト
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
中段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン
下段:ドルインデックス(赤)

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ユーロ/ドル(1時間足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
中段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン
下段:ドルインデックス(赤)

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ポンド/ドル(日足) ポンド買いトレンドはピークアウト
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

豪ドル/ドル(日足) 売りトレンドが発生
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

豪ドル/ドル(4時間足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ゴールド(日足) 売りトレンドが発生
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
中段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン
下段:ドルインデックス(赤)

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ゴールド(4時間足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
中段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン
下段:ドルインデックス(赤)

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

基本的に5月いっぱいはリスクオン相場となりそうだが、総楽観相場の危うさも孕んでいる。円売りからドル買い相場に転換すると、現在、怒涛の買いトレンド相場となっているユーロ/円やポンド/円などのクロス円相場の動きにも調整安などの変化が生じるかもしれない。トレーリングストップ注文を利用して利益の確保をしておくべきだろう。

ユーロ/円(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ポンド/円(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

ドル/円(日足)
上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド
下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 DVD「相場で道をひらく7つの戦略トレード戦略編」石原順)

標準偏差ボラティリティトレードをバージョンアップ

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略 ~トレード戦略編~』

http://books.rakuten.co.jp/rb/14916748/

を4月末に出版しました。標準偏差ボラティリティトレードは、いっさい最適化をしない売買手法で、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能です。

また、日足と週足の標準偏差ボラティリティのピークアウト時は、オプション(ボラティリティ)の売りにも威力を発揮します。

「相場をどう認識するか?」という手段の一つとして、現在ではテクニカル分析の手法を理解することは不可欠です。

私は30年近く相場の世界に身を置いていますが、システマティックなアプローチと損切りを使わないと、相場で長期的に利益を上げることは難しいと思っています。

今回のDVDでは私が相場の世界に入って以来、ずっと使っている標準偏差ボラティリティトレードを<より実践的なものにバージョンアップ>しています。売買手法のロジックは簡単なので、初心者でも簡単にトレードできます。

標準偏差ボラティリティトレードで現実の相場にエントリーする際、あいまいな場面に出くわしますが、パラボリックが相場の方向性を示唆する補助ツールとして大きな役割を果たしてくれるでしょう。

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-トレード戦略編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

楽天証券サービス開始18周年記念投資セミナー

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/06/23

半導体・半導体製造装置セクターコメント:東京エレクトロン、SCREEN、ディスコ、ルネサス

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/06/23

OPECの混迷と石油に強い米国

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/06/23

日本株の出遅れ修正は続くのか(香川睦)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/06/22

「テーパータントラムは8月か・・?」

石原順「外為市場アウトルック」

山崎俊輔

投資信託 2017/06/22

会社員であり続けることが最強の資産形成チャネルである理由

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

足立武志

国内株式 2017/06/22

ファンダメンタル分析入門(2)~成長株に投資するシンプルな方法とは

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/06/21

OECD、世界銀行の経済見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

広瀬隆雄

海外株式 2017/06/21

FRBの動向と米国経済の見通し

広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」

吉田哲

コモディティ 2017/06/21

商品先物初心者講座「売りについて」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

山崎元

投資信託 2017/06/20

旧来型ファイナンシャル・プランニングの問題点と解決の方向性

山崎元「ホンネの投資教室」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)